口の中が乾燥するドライマウスの原因とストレスとの密接な関係!

口が乾燥するドライマウスの原因とストレスの関係について。 
口の中が乾燥するドライマスとストレスの関係についてです。

 

このストレスから口が渇く経験をしたことがある人は案外多いと思います。

 

ストレスは緊張、悩みなどの精神的なものや病気などの苦痛によるもの、運動や嬉しいことでもある結婚などもストレスを感じます。

 

ある状態が歪んだような状態のことをいいますが、分かりやすいものでいうとボールです。

 

ボールは丸い形が正常で、その形があるからこそ転がるなどのボールとしての働きができます。

 

ですが、指で押すとへこむように、そのへこんだ状態がストレスということになります。

 

その状態になると体の働きが通常とは違う働きになって唾液の分泌を弱めることになります。

 

極度の一時的な緊張というストレスで、口がカラカラに乾燥した経験ある人はいると思います。

 

ストレスはボールがへこむことと同じこと 
ただ、ボールはへこんでもすぐに反発して元の形に戻るように、一時的なものはすぐに元に戻るようになっています。

 

この状態がストレスがなくなったとういことになります。

 

人間もこれと同じく外部からの影響で、ボールと同じくへこんだ状態になりますけど時間がたつにつれ元に戻るようになっています。

 

ですが、それが行き過ぎるとへこんだボールが元に戻らないようなことになります

 

その状態が「ストレスが溜まった」という状態になります。

 

外部からの影響が何らかの変化を体に与えるというのは何んとなくてもイメージできると思いますが、ドライマウスとどのような関係があるのかもう少し詳しくお伝えします。

 

関連 自律神経失調症からドライマウスになる原因と対策方法

 

 

ストレスで口の中が乾燥するのは自律神経の影響!

ストレスがドライマウスと関係するのは自律神経の影響。 
ストレスはボールがへこんだ状態、そのへこんだのが戻らいのはストレスが溜まった状態、どちらにしても外部からの影響で唾液の分泌に影響を与えるようになります。

 

その影響を大きくするのが自律神経の働きで、自律神経とは脈拍や血圧、呼吸、汗の分泌、消化などの働き、そして唾液などををコントロールしている神経のことです。

 

良くブレーキとアクセルに例えられますが、その2つの自律神経が体の働きを調整してコントロールしていることになります。

 

大きく関わってくる部位は28種類ぐらいになります。

 

その働きがバランスを崩すと、どのようなるのかは想像がつくと思います。

 

脈拍、血圧、呼吸が乱れ、運動もしていないのに汗をかき、消化のアンバランスの働きになります。

 

自分の意志でこの神経はコントロールできないために、自分の意志とは関係ない変化が体に現れます。

 

それが元に戻れば良いのですが、長いことストレスを体に与え続けることで働きが悪くなるようになります。

 

唾液の分泌もそれに影響されることもあり、普段から分泌量が減るようになります。

 

その人によって胃腸に影響されたり不眠になったいり強く影響されるところが変わりますが、唾液の量も減るのもその一つになります。

 

 

口の中が乾燥するドライマウスの原因!ストレスと性格の関係

口が乾燥するドライマウスはストレスが影響するけど性格が深く関係している? 
ストレスを感じやすいのは性格が影響をしているとういことを良く聞いたことがないでしょうか。

 

真面目で几帳面、自分一人で悩みを背負いこむ、自己評価が低く自身がない、などの性格が影響してストレスを溜め込みやすいとは言われていますが、確かにそのような性格が影響することもありますが、そうとも言い切れません。

 

この性格を仕事で置き換えると優秀な人であることが分かります。

 

自己評価が低く自身がない、というのは成長に必要なことで、自身がないために何かを得ようとする働きがあります。

 

仕事に限らずスポーツでも必要なことで、どこか自身がないために練習をします。

 

自身を持つことは大事ですが、それと同時に自分を磨くことをストップさせてしまう要素が含まれています。

 

自身を持つということは、そこに居座ってしまい、いつの間にか自身がない人に色々な面で抜かれてしまうことがあります。

 

人間は私を含め、どうしても楽をしたい気持ちがどこかにあります。

 

性格がストレスを作るのではなく考え方がストレスを溜めることになる。 
真面目で几帳面にしても、そうでもない病院の先生に、生命に関わる大きな病気の手術を任せようとはしないと思います。

 

「そういえば消毒を忘れた」「そういえば注射は前が使用人だった」など許されることではありません。

 

極端な内容ですが仕事では、上記のような気持ちの持ち方や性格が必要になることが多いということです。

 

何をいいたいかというとストレスは性格というよりも気持ちの持ち方で変わるということです。

 

自己評価が低くても、それを楽しめる人もれいば、それを苦しいと感じる人もいます。

 

楽しめるということは成長もしながらストレスも溜まりづらくなりますが、苦しいと感じれれば大きなストレスになります。

 

性格がストレスを左右するよりも考え方が左右する方が大きいことになります。

 

ですので性格よりも「考え方」ここがストレスの度合いを左右します。

 

プラスに考えるかマイナスに考えるのかの違いです

 

ストレスを溜めないことのヒントになればと思います。

 

ドライマウスにサプリメントでおすすめのもの 

 

ドライマウスとサプリメント

ドライマウスの対策方法

ドライマウスと口臭対策

ドライマウスの原因

スポンサードリンク


トップへ戻る