ドライマウスの原因にもなる抗ヒスタミン薬の働きと副作用

ドライマウスの原因にもなる抗ヒスタミン薬の働きと副作用 
ドライマウスの原因にもなる抗ヒスタミン薬の働きと特徴についてです。

 

抗ヒスタミン薬というのは、アレルギー性の花粉症などに使用される、薬に含まれる成分のことで、花粉症を抑える市販薬などにも含まれているものです。

 

花粉症などのアレルギー性鼻炎は、体内物質でもあるヒスタミンがH1受容体に結合することで症状を起こします。

 

何か難しいような内容でもありますが、ヒスタミンというのは、白血球の仲間でもある好塩基球などの免疫細胞が放出するもので、免疫細胞がこのヒスタミンを放出することで、体内に侵入した異物などを追い出そうとします。

 

その追い出そうとする反応がくしゃみや鼻水、または涙となって現れます。

 

その症状を花粉症と呼んでいますが、皮膚でその反応が起こると炎症やかゆみとなって現れます。

 

その症状をアレルギー性皮膚炎と呼んでいます。

 

このアレルギーを抑える働きがある薬が抗ヒスタミン薬とういことになります。

 

アレルギーを抑える働きがある薬が抗ヒスタミン薬とういことになります。 
当時のものは副作用が強いものでしたが、それが少しづつ改善され、現在のものになります。

 

改善されたといってもやはり薬なので副作用はつきものです。

 

その副作用の一つにあるのが、唾液の分泌の低下で、それ以外では目の渇き、便秘なども確認されています。

 

漢方薬と違い薬はピンポイントである症状を抑えようとしますが、それがピンポイントにならないで、他のことにも作用してしまったことが副作用ということになります。

 

薬はどんなに改良されても、少なからずこの副作用がつきまとうことになります。

 

また、花粉症などは抗ヒスタミン薬などで改善するものではなくて、一時的に症状を抑えるのに役立つものなるので、アレルギーの根本的な解決になりません。

 

そのため、長年にわたって服用することになりますので、ドライマウスを悪化させる要因の一つとも言えます。

 

ドライマウスは、この抗ヒスタミン薬以外でも精神薬などの副作用で唾液の分泌量が減ってしまうことが多いと言えます。

 

病気であれば薬の使用は避けられないものですが、薬を使用しない予防対策が重要になります。

 

 

ドライマウスの原因になる抗ヒスタミン薬を使用しない方法とは?

ドライマウスの原因になる抗ヒスタミン薬を使用しない方法とは? 
花粉症の対策であれば、今注目されているのがサポニンという成分です。

 

サポニンとは、植物の根や葉、茎などに含まれているもので、サポニンを多く含む食材は紅蔘と呼ばれる人参の中に多く保有しています。

 

高麗人参や田七人参と呼ばれるものに多く含まれています。

 

サポニンは免疫力を上げることで知られていますが、免疫を正常にさせる働きもあることから、花粉症の対策には役立つ成分になります。

 

花粉症などのアレルギーは、免疫が誤作動を起こすことでの反応ですから、その働きを正常にさせることで反応が治まることになります。

 

その免疫力の強化ができるのがサポニンということになります。

 

かなり古くから研究がされていて、1900年代では血液に対する効果が論文で報告されています。

 

サポニンはそれ以外にコレステロールを除去したり、体内で血栓が作られるのを防いだりすることでも知られているものです。

 

肥満の予防、コレステロール値を下げる、血流の改善、肝機能を高める、自律神経の安定など体全体の機能を高めることにも期待ができます。

 

どちらにしても花粉症などのアレルギーは、体質的なものが影響していることが多く、その体質改善的なことにサポニンは効果を発揮することになります。

 

ドライマウスの原因になる抗ヒスタミン薬を使用しない対策として、サポニンはおすすめできます。

 

そしてドライマウスの対策にもなるのがサポニンの働きです。

 

 

花粉症とドライマウスの対策できるサプリメント

 

 

ドライマウスとサプリメント

ドライマウスの対策方法

ドライマウスと口臭対策

ドライマウスの原因

スポンサードリンク


トップへ戻る