口に中が乾燥するドライマウスの原因!コーヒーの注意点について

ドライマウスとコーヒーの注意点について 
ドライマウスとコーヒーの関係についてです。

 

コーヒーは一見すると口の乾燥とあまり関係ないように感じてしまいますが、深いところで関係しています。

 

コーヒーというと大型のチェー店が増えてきたこともあり、年々飲む人が多くなってきていて、コーヒーに関係する消費や輸入量は10年前は10万トンに対して、現在は倍の20万トンにもなっています。

 

それだけ重要がある飲み物になります。

 

一人一週間で平均すると約11杯ぐらい飲んでいる計算で、男女比はあまり関係なく、男性も女性も同じような量になります。

 

年代でいうと25歳くらいから70代ぐらいまでと幅が広く消費する量はあまり変わりがありません。

 

これはとても凄いことで、日本には日本茶というものがありますが、少しずつお茶ばなれが進んでいっているような感じです。

 

その飲み物だけではなく食生活にも影響され、和食中心から外国の肉中心の食生活と同じようになってきてきます。

 

その影響もあってか欧米が抱えている問題と同じ、肥満から病気になる人も増えてきていて国民病みたくなってきています。

 

今回は食品ではなくコーヒーということになりますが、どのような理由でコーヒーが口の乾燥を招くのかお伝えします。

 

 

コーヒーで口の中乾燥しやすくなるのはカフェインが原因?!

コーヒーで口が乾燥しやすくなるのはカフェインが影響するため 
コーヒーで口の中が乾燥しやすくなるのはカフェインが原因になります。

 

ただ、コーヒーは決して悪い飲み物ではなく、普通に飲んでいるのであればダイエットなどの対策や予防にもなり健康のプラスになる飲み物です。

 

クロロゲン酸というポリフェノールが豊富で、ポリフェノールというのは動物には存在しない植物が持つ生体成分のことをいいます。

 

有名なものでは目に良いと言われるアントシアニン、そしてタンニン、カテキン、イソフラボンなどたくさんの種類のポリフェノールがあります。

 

それぞれ働きや特徴は違いますが、コーヒーはクロロゲン酸とういポリフェノールを持っていることになります。

 

効能でいうと脂肪を燃焼させる効果、とうことになります。

 

昔はガンを誘発されるということも言われていましたが、そんなこともないことが分かっています。

 

そのクロロゲン酸とお馴染みのカフェインが含まれています。

 

口を乾燥させる原因になるのは、この2つの働きによるものですがカフェインが大きな影響を与えていることになります。

 

カフェインは鎮痛剤などの医薬品の成分としても利用されているのでプラスの面もあるがマイナスになる人もいる 
カフェインというのはアルカロイドの一種でアルカノイドというのは医薬でも使用されていますが、娯楽として麻薬として幻覚儀式などでも使用されることもあります。

 

毒にもなるこど薬にもなるというのがアルカノイドの特徴です。

 

アルカノイドは医薬では抗がん剤でも使用されています。

 

カフェインはその一種、仲間ということだけで働きは少し違いますが、神経系に作用することは同じになります。

 

カフェインは鎮痛薬などにも利用されています。

 

だからといって体に悪いということではありませんが、マイナスになる人もいればプラスになる人もいるということなります。

 

カフェインは中枢神経に作用してプラスに働くが胃が弱い人にとってはマイナスになることもある 
カフェインは中枢神経に作用して興奮させりしますが、それによって自律神経に影響を与え胃液の分泌を良くしたりして消化を助けたりすることもできます。

 

胃が健康であればプラスの働きになります。

 

ただ、胃が弱い人、胃が悪く病院の薬を使用している人がコーヒーを飲むと、胃液の分泌を抑えるために薬を使用しているのに、それを良くしまっては胃にとって逆効果になってしまいます。

 

カフェインはプラスになる人もいれば、マイナスになる人もいるとういことです。

 

口の乾燥も同じで、何でもない人であれば問題はなく健康に良いことになりますが、口が渇きやすい人がたくさんカフェインを取り入れてしまうと唾液の分泌を弱め口の乾燥を促進してしまうことになります。

 

唾液は自律神経でコントロールされていますので、ここに刺激を与えるようなストレスやカフェインはあまりおすすめできるとは言えまえん。

 

緑茶にもカフェインが多く含まれていますので、多く取りすぎると口の乾燥を促進しやすくなります。

 

 

口の中の乾燥とドライマウス!コーヒーの影響まとめ

口の中が乾燥させるコーヒーの注意点のまとめ 
口の乾燥とコーヒーの関係をまとめると、口の乾燥が気になる人はあまり飲み過ぎないことが無難になります。

 

これはコーヒーだけに限りません。

 

醤油や塩分も確かに体に必要なものですが、取りすぎることで体に害を与えることがあります。

 

ケーキやチョコレートに含まれる糖分も体に必要な栄養素ですが、取りすぎることで肥満や糖尿病などを誘発しやすくなります。

 

油なども同じことです。

 

すでに糖尿病などの病気の人が、糖分は必要だからといって健康な人と同じように取ってしまうと病気を悪化させやすなります。

 

ドライマウスも同じで、口が乾燥しやすいのに乾燥を誘発するものをとってもプラスに働きづらくなります。

 

ただ、重要なのでもう一度話しますが、体の健康を促進するものとしてコーヒーは期待できますので、ここは誤解がないようにして下さい。

 

プラスの面とマイナスの面があるというだけです。

 

ドライマウスにサプリメントでおすすめのもの 

 

 

ドライマウスとサプリメント

ドライマウスの対策方法

ドライマウスと口臭対策

ドライマウスの原因

スポンサードリンク


トップへ戻る