口の中を乾燥させるドライマウスの原因!薬の副作用と注意点

口が乾燥するドライマウスと薬の副作用 
口の中が乾燥するドライマウスと薬の副作用についてです。

 

薬は口から飲む内用剤、皮膚や目、口、鼻などの粘膜に使用する外用剤、点滴や注射などの血管内に入れる注射剤とたくさんの種類がありますが、薬でデメリットになるのが副作用の存在です。

 

薬の副作用は期待しなかった作用のことをいいます。

 

例えばカゼ薬を飲んで鼻水やくしゃみを抑えることができた、この目的の作用を主作用といい、本来目的となる働きができたことになりますが、カゼ薬の効果とは関係なく「眠くなった」この作用のことを副作用といっています。

 

眠気以外にも、発疹、かゆみ、胃痛、吐き気、めまい、けいれん、下痢、のどの渇きなどの副作用が現れることがあります。

 

は一つの働きだけではなく、多くの強い働きを持ち合わせているので、飲む時間や量を間違った、体質的な問題などから副作用が起きることがあります。

 

薬の影響で口の中が乾燥する、というのも良くあり得そうな副作用で、どのような薬が影響として考えられるのかお伝えします。

 

関連 ドライマウスの原因にもなる抗ヒスタミン薬の働きと特徴

 

口の中が乾燥するドライマウスの原因!副作用のある薬とは?

ドライマウスにさせる薬の副作用がある薬とは 
口の乾燥、ドライマウスに関係する薬というと花粉症の治療に使われる抗ヒスタミン薬や痛みなどを抑える鎮痛薬、精神的なことから感情のたかぶりや落ち込みを抑える抗うつ薬、向精神薬、利尿薬などが考えられます。

 

高齢者に口が乾燥するドリアマウスの人が多いのは、使用している薬が多いため、それが副作用の原因として考えられています。

 

花粉症の治療に使用される抗ヒスタミン薬というのは、鼻水などのアレルギー反応を抑える薬のことです。

 

アレルギー性鼻炎は、ヒスタミンという体内物質がH1受容体に結合することでアレルギー反応が起こります。

 

分かりやすくいうとある2つの物質が体の中で合わさることでアレルギー反応がでるので、その体の中で合わさる2つの物質を、防ぐことができるのが抗ヒスタミン薬ということになります。

 

アレルギー性鼻炎以外にも、じんましんやかゆみなどの皮膚疾患の治療にも使用さることがあります。

 

花粉症の薬には、その反応とは別な作用があるものがあります。

 

抗コリン作用というものがあって、その作用が唾液の分泌などを抑えてしまうことがあります。

 

アレルギー性鼻炎の薬は、アレルギー反応を抑えると同時に、唾液の分泌を少なくすることもあり口が乾燥しやすいといえます。

 

経験したことがある人は多いかもしれません。

 

うつなどの薬に使用されるものも副作用で口の乾燥を強くさせることが多いです。

 

 

口の中が乾燥するドライマウスの原因!薬の副作用まとめ

口が乾燥するドライマウスの原因!副作用がある薬のまとめ 
薬の副作用で口の中を乾燥させる頻度が高い薬剤をまとめると、血圧の薬、精神薬、てんかんの薬、パーキンソン病の薬、アレルギーの薬、せきやたんを抑える薬、消化性潰瘍の薬ということになります。

 

ただ、これらのものが副作用が必ずあるわけではなく、薬そのものが副作用が必ずあることになります。

 

副作用がない薬は存在しないということになります。

 

メリット的に考えると副作用がない薬は効果がないことを意味してしまいます。

 

薬はもともと自然界にある植物や、動物、鉱物などから治療薬として利用されたのが始まりです。

 

昔の薬は自然界にあるものをそのまま利用していたことになります。

 

それを強化させ進化させるために人間が科学的に手を加え、効果のある薬に形が変わってきました。

 

自然の治療から化学治療に変化したことになります。

 

薬の原料も自然界になくても、人工的に作ることもできるので薬の種類によって変わりますが副作用はつきまとうことになります 
薬の原料も自然界になくても、人工的に作ることもできるので薬の種類によって変わりますが副作用はつきまとうことになります。

 

ただ、その薬の進化で病気を早くに治癒させ、昔は難病と言われる病気も治せるようになりました。

 

そのおかげて寿命も伸びたことになりますので薬は計り知れないような存在です。

 

ですが、まだまだ難病と言われる病気もありますけど、病気の原因も解明されているものも多いので薬に頼るのではなく、そうなる前の予防や対策が体にとって一番良い影響を与えます。

 

虫歯がないのに歯磨きという予防をしている人は多いと思いますが、そのような感覚で予防をすることで他の病気も防ぐこともできます。

 

病気になったら病院ではなく、病院にいかない体作りが望ましいと思います。

 

体質は変えることはできますけど、その意識がその人にどのくらい強くあるかで変わります。

 

ドライマウスにサプリメントでおすすめのもの 

 

 

ドライマウスとサプリメント

ドライマウスの対策方法

ドライマウスと口臭対策

ドライマウスの原因

 

左側のコンテンツ

右側のコンテンツ

スポンサードリンク


トップへ戻る