ドライマウスで不眠症になる原因と解決の方法について

ドライマウスで不眠症になる原因と解決の方法について 
ドライマウスで不眠症になる原因と対策の方法についてです。

 

ドライマウスは意外なところにも影響を与えてしまう可能性がある症状で、単に口の中だけの問題ではないのです。

 

そのひとつが不眠症の原因なってしまうことで、睡眠中に口や喉の乾燥が酷くなることにより、夜中に何度も覚めその都度水分補給をするようになります。

 

また、目が覚めてしまう原因が口や喉の渇きなので、体が悲鳴をあげて目覚めるような感じになってしまいます。

 

このような状態が毎日のように続いてしまうと不眠症という症状を引き起こしてしまい、とても辛い日々が続くことになるのです。

 

さらに十分な睡眠を取ることができなくなることで、食欲不振に陥ってしまい健康的な食生活を送ることができなくなり、日常生活にも支障が起きてしまいます。

 

これは不眠によって自律神経の交感神経が興奮することで、消化器系をコントロールする副交感神経が正常に働かなくなってしまうからです。

 

睡眠不足により体力も正常に回復しなくて、倦怠感や疲労感が生じてしまうことにより食欲がわかなくなってしまうために起こるのです。 
また、睡眠不足により体力も正常に回復しなくて、倦怠感や疲労感が生じてしまうことにより食欲がわかなくなってしまうために起こることがあります。

 

それから単に食欲不振だけでなく、同様の理由から仕事や家事などに対してもやる気力が起こらなくなり、症状が酷くなるとうつ病を発症する危険もあります。

 

しかし、このような不眠の症状を改善するために、抗うつ剤や睡眠導入剤などを処方すると、その薬の副作用で口や喉の乾きが酷くなってしまうこともあるのです。

 

つまり、ドライマウスを進行させてしまう可能性があるといった悪循環に陥ってしまう危険性も考えられるので注意が必要です。

 

抗うつ剤や睡眠導入剤などを服用すると精神安定剤と同様の効果が得られるため、体がリラックスして眠ることができます。

 

ただ体がリラックスすると共に筋肉も弛緩することになって、それにより口周辺の筋肉も弛み口を開けた状態で寝てしまうことになります。

 

その結果、睡眠中に口を開け口呼吸をすることになり、口の中の水分や唾液が蒸発してしまいドライマウスにつながってしまうのです。

 

重度の不眠に悩まされて医師の処方により抗うつ剤や睡眠導入剤などを服用している場合、悪循環になるからと言って急に服用を中止することは難しいものです。

 

不眠の原因が口の乾きということを医師に伝えて、薬の量や種類を検討しながら不眠の改善に取り組むのもひとつの方法です。

 

 

ドライマウスで不眠症を対策する方法は根本の解決!

ドライマウスで不眠症を対策する方法は根本の解決! 
夜間口腔乾燥症や睡眠関連口腔乾燥とも言われている夜間の睡眠中に発生するドライマウスの症状があり、そのことが原因となって不眠症を発症してしまう方も少なくないです。

 

まとめると睡眠中の症状で不眠になってしまうのは、口が渇いて目が覚める、口が渇いて眠れないなどにより、睡眠が浅く目が覚めてしまうことが原因としてまとめることができます。

 

このような原因で不眠状態が続いてしまうと、うつ病などの精神疾患を発症してしまう可能性もあるので、原因に対応した対策や治療が必要と言えます。

 

ちなみに、ドライマウスの症状で病院を受診する患者の約85%が、睡眠中に発生する口の乾きなどの症状に悩まされていて、特に女性に多い傾向があると言われています。

 

このようにドライマウスから不眠症を発症する時の対策としては、何といっても根本原因を解消する必要があります。

 

ただ睡眠中に口や喉が渇いてしまう原因はいろいろとあるので、先にも触れたようにそれぞれの原因に対応した対策や治療が必要です。

 

健康な人であっても唾液の分泌が睡眠中は減ってしまうので、そのような状態で睡眠中口呼吸をしてしまうと口内の水分はさらに蒸発して口が渇いてしまいます。

 

口呼吸が原因として考えられるのなら睡眠中に鼻呼吸がおこなえるようにする必要があって、その為には鼻呼吸を促す器具・テープ・保湿装置などを使用するのもひとつの選択肢です。

 

睡眠前に口内に保湿剤が配合されたジェルを塗ったり、口の乾きなどの症状を改善する漢方薬を服用したりすると症状改善につながります 
また、睡眠前に口内に保湿剤が配合されたジェルを塗ったり、口の乾きなどの症状を改善する漢方薬やサプリを服用したりすると症状改善につながります。

 

いびきにより口が渇いてしまのなら、口呼吸と同じ方法で症状が改善されることがありますし、マウスピースを作製するなどの治療も方法のひとつです。

 

特にいびきの悪化により睡眠時無呼吸症候群になると寝ている間に呼吸が止まってしまうために、浅い睡眠になり不眠につながるので注意が必要です。

 

歯ぎしりが原因として考えられる場合は、保湿機能を備えた歯ぎしり用マウスピースを装着することで症状が改善されることがあります。

 

睡眠中の口の渇きなどで不眠になってしまうと、薬を服用して不眠症の治療を検討する場合もありますが、その際には注意する必要があります。

 

それは服用する薬によっては副作用として口が渇くことがあるからで、薬を服用する時には担当医と相談することをおすすめします。

 

ただ、根本的な解決としてはやはり唾液の量を増やすことになるので、一時的に保湿剤や不眠症の薬を使用しても本当の解決とはなりません。

 

やはり根本的に唾液の量を増やすことが解決の近道になります。

 

おすすめとしては下記にまとめていますが、サプリメントで唾液の量を増やすことができるものがあります。

 

 

ドライマウス対策サプリ

 

 

ドライマウスとサプリメント

ドライマウスの対策方法

ドライマウスと口臭対策

ドライマウスの原因

スポンサードリンク


トップへ戻る