ドライマスの原因になるストレスの解消方法と注意点

ドライマスの原因になるストレスの解消方法と注意点 
ドライマスの原因になるストレスの解消方法と逆効果になる対策についてです。

 

ドライマウスは、口の中を乾燥させたり、口臭を発生させたり、虫歯や歯周病のリスクを高めたり、口内炎ができやすくしたりと様々な悪影響があります。

 

発症する原因としては、やわらかい食品の多い食生活、加齢による口周辺の筋力低下、薬の副作用、糖尿病などの病気といった様々なことが考えられます。

 

ただ、こうした食生活・年齢・病気・薬の副作用などの影響がないのに、口が乾くなどの症状が起こる場合は、原因としてストレスも疑って見る必要もあります。

 

実はストレスにより唾液の分泌を低下させてしまうこともあって、年齢に関係なく現代人はストレスを感じることが多いので注意したいものです。

 

ドライマウスの原因がストレスによるものなら、改善する対策としては何といってもストレス解消をすることが第一になります。

 

具体的にどうすればいいのかと言うと、リラックスする習慣を身に付けることです。

 

例えば、お気に入りのアロマを利用したり、ハーブティーをゆったりと飲んだり、マッサージ・読書などリラックスできる時間を設けることです。

 

関連 唾液の量を増やすのに入浴も効果的!ドライマスの対策になる

 

 

ドライマスの原因になるストレスの解消方法は運動も効果的

ドライマスの原因になるストレスの解消方法は運動も効果的 
また体を動かすこともストレス解消にとって効果的なことで、ボクササイズやダンスなどで汗を流すと気分がリラックスします。

 

ラジオ体操やウォーキング(散歩)のようなゆっくりした運動でも、太陽を浴びながら軽く体を動かすことで気分もリフレッシュできます。

 

ちなみにペットといっしょに散歩するとか、気の合う友達とおしゃべりしながら体を動かすのも良い効果が得られます。

 

歯ごたえのあるものを噛むことで気持ちが落ち着くというケースもあって、噛むという行為がストレスの解消につながることも考えられるものです。

 

また、ガムを噛むことで集中力を高める効果があると言われるように、噛むことにより冷静になれる可能性もあるのです。

 

それから噛むことによって加齢による口周辺の筋力低下の対策になりますし、唾液の分泌を促進することにもつながるので一石二鳥と言えます。

 

ゆっくり呼吸を整えながらストレッチするだけでも、気分が落ち着きますし血流が良くなってストレスの解消になることもあります。

 

このように様々な方法があるので、ドライマウスの原因となるストレスを上手に解消するように心がけましょう。

 

 

ドライマスの原因になるストレスの解消で逆効果になるは?

ドライマスの原因になるストレスの解消で逆効果になるは? 
ストレスの解消で逆効果になるケースについてです。

 

ドライマウスは口臭の原因になったり、虫歯や歯周病・口内炎などを引き起こしたり、様々な悪影響を与えてしまう存在です。

 

実は、国内の患者数は800万人でその9割が女性と言われていますし、40代から始まって50〜60代に多くみられるというデータもあるのです。

 

口腔内の唾液分泌量が減少することで口や喉の乾燥をおぼえる病気で、唾液の減少を引き起こす原因は人によって様々です。

 

ただ、主なものとして考えられているのが、加齢とストレスによる自律神経への影響です。

 

ストレスは目で確認することはできませんが、心身共に感じることは可能で強い負荷が継続することで、様々な不調を発生させてしまうものです。

 

そのひとつが自律神経のバランスを乱してしまうことで、それにより唾液の分泌が減少するなど、体内のリズムに負担と影響を与えてしまうのです。

 

ストレス解消が最大の対策といえますが、解消する方法は人によって異なるため、適した方法を見つけることが難しい場合もあります。

 

ある人がストレスを解消できた方法であっても、ある人にはその方法が逆効果になってしまうこともあるので、ストレスの解消方法は注意して選択することも大事です。

 

 

ストレス解消に逆効果になるのは許容範囲を超えた行為

ストレス解消に逆効果になるのは許容範囲を超えた行為 
また、間違った方法で実践することで逆効果になることもあるので、ストレスを解消する際は正しい方法を実行することが大切です。

 

例えば、お風呂に入ることは神経全体を休める効果があってリラックスするため、自律神経の働きも整えることにつながります。

 

しかし、熱すぎるお湯に入ることは刺激が強すぎて逆の効果になる場合も考えられるもので、38〜40度程度のお湯に入るように心がけましょう。

 

体を動かすこともストレス解消するためには効果的で、運動することによって自律神経の働きをバランスよく高めることができます。

 

しかし、あまりにも激しい運動は逆効果になってしまうので、ストレッチやウォーキングなど自分の体力に適した軽めの運動を心がけてください。

 

食べ物を良く噛んで顎や舌の筋肉を動かすことで唾液の分泌が促進されますが、暴飲暴食は決して良い対策にはなりません。

 

また、ストレスを解消するためと言って、やけ食いや酒の飲み過ぎと言った暴飲暴食をするケースもありますが健康に悪影響になります。

 

ストレスを解消してドライマウスを改善するのなら、解消方法を間違わないで上手にストレスを発散することです。

 

根本的な対策にサプリメントを使用した方法

ドライマウスの対策ができるサプリメントを活用する 
ドライマスの対策にサプリメントを使用するのも効果的です。

 

ドライマウスは色々なことが原因として考えられますが、ストレスも大きな原因になっていることも多いといえます。

 

その影響から唾液の量が減りやすくなりますが、それを正常にさせるある成分が臨床研究で明らかになっています。

 

以外なものになりますが、どのようなものか参考にして下さい。

 

 

ドライマウス対策サプリ

 

 

ドライマウスとサプリメント

ドライマウスの対策方法

ドライマウスと口臭対策

ドライマウスの原因

スポンサードリンク


トップへ戻る