唾液の量を増やす方法と入浴の関係!ドライマスの対策について

唾液の量を増やす方法と入浴の関係!ドライマスの対策について 
唾液の量を増やすのに入浴も効果的でドライマスの対策になります。

 

入浴というと、古代ユダヤ人のように、入浴が義務にもなっている国もありました。
強制することも凄いことですが、体を清潔にする意味ではある意味、強制した方が喜ばしい人もいるかもしれません。

 

入浴の始まりは紀元前1世紀ごろと言われていて、その頃は高温に加熱した石に水をかけて、蒸気を発生させて入浴をしていたようです。

 

蒸し風呂ということです。

 

これがサウナの原型になったようで、後にサウナが広まることになったようです。

 

日本では川や滝で浴びることが始まりとされていて、それから桶に水を入れて体を洗うスタイルに変化して現在に至ります。

 

入浴をすることで、体をキレイにすることができますが、健康に良い影響を与えることでも知られています。

 

どのような理由で、唾液の量にを増やすのに入浴が役立つのかお伝えします。

 

 

唾液の量を増やすのに入浴が効果的なのは心身を安定させるため!

唾液の量を増やすのに入浴が効果的なのは心身を安定させるため! 
唾液の量を増やすのに入浴も役立つのは、心身を安定させることができるためです。

 

お風呂に入ると、誰でも「気持ちいい」「癒される」「疲れが取れる」このように感じたことがある人はほとんどだと思います。

 

その言葉通りのことが体に影響されていることになりますので、心身を安定させることになります。

 

唾液をコントロールしているのは、自律神経という自分の意志ではコントロールできない神経でされています。

 

寝ているときに無意識に呼吸をしているのも、この自律神経の働きになります。

 

呼吸に関しては自分の意志でもコントロールすることができますが、汗をだす、唾液の分泌などは自分の意志でコントロールすることができません。

 

自律神経は良くアクセルやブレーキに例えられますが、唾液の分泌もこのアクセルとブレーキによって左右されています。

 

例えばストレスが多くなることで、心身に不安やイライラなど何かすっきりしないものを感じるようになります。 
例えばストレスが多くなることで、心身に不安やイライラなど何かすっきりしないものを感じるようになります。

 

そのときに影響されるのが自律神経でアクセルとブレーキのバランスがアンバランスになりやすくなります。

 

緊張というストレスで、一時的でも口の中が極度に乾燥したことがる人は多いと思います。

 

ストレスを受けると自律神経に作用して交感神経が優位になり、その影響から唾液の分泌が弱くなります

 

逆に食事や寝ているときなどは、副交感神経という神経が働いてリラックスさせる神経が働きます。

 

寝ているときは体がリラックスする状態になりますけど、唾液の分泌も寝てしまうことになるので、ほとんどでませんが、興奮状態にさせる交感神経の自律神経が優位になることで、唾液の分泌量を低下させてしまいます。

 

それを解除させるのがリラックスさせる副交感神経への働きです。

 

体を温める入浴は、その副交感神経に働くために、興奮状態を解除させやすく、唾液の分泌量の増加に期待することができます。

 

 

唾液の量を増やす入浴のその他の効果と注意点について!

唾液の量を増やす入浴のその他の効果と注意点について! 
湯船につかる、ということは唾液の量をストップさせている神経を解除させやすくなりますが、それ以外に疲労というものを取ることができので、余計に良いことになります。

 

疲れる、という疲労が溜まることでも唾液の量は減っていきます。

 

入浴することで芯から温まると発汗するようになり、血流が良くなるので、老廃物を早くに外にだすことができます。

 

老廃物を早くに外にだすことで疲労が取れますので、余計にリラックス効果を得ることができます。

 

肩こりがひどい人であれば、マッサージをして血流を良くさせると、同じようにリラックス効果を得ることができます。

 

そのような経験をしたことがある人は多いと思います。

 

入浴の場合は、血流だけではなくて、第二の排泄器官でもある皮膚から汗として、老廃物を早くに排出させることができます。

 

シャワーではなくて湯船につかることが効果的になります。

 

リラックスできる湯船の温度は、40℃から41℃ぐらいまでで、それ以上になると逆効果になることがあります。

 

熱すぎると血液がドロドロになり、粘度が増すために血を固めやすくなります。 
熱すぎると血液がドロドロになり、粘度が増すために血を固めやすくなります。

 

血液を固めやすくなるということは、血栓という血液を詰まらせてしまう元ができやすくなるので、脳梗塞や心筋梗塞などの病気のリスクを上げてしまいます。

 

健康な成人に47℃のお湯に3分だけ入浴してもらい、血液を調べると血を固める血小板の働きが少ない時間の中でも活発になることが分かっています。

 

またストレスも同時に感じてしまいますので、40℃ぐらいが適切な温度といえます。

 

時間にしても長くても30分ぐらいの入浴が目安になるので、時間が長ければ良いというものでもありません。

 

そして入浴した後は、しっかりと水分を補給することで、血液の粘度を下げることができます。

 

その入浴で、リラックスを得ることで唾液の分泌に少しでも影響を与えることができるのでプラスになることは間違いありません。

 

ストレスが多い人は、シャワーから湯船につかる回数を増やすことを意識するだけでも違います。

 

どちらにしてもストレスが多いことで、唾液の分泌量は弱くななってきます。

 

その湯船と、唾液を促すサプリメントを取ることでより早く改善に期待ができることになります。

 

 

サプリメント

スポンサードリンク


トップへ戻る