唾液の量を増やすのに飲み物でドライマウスの対策できるもの

唾液の量を増やすのに飲み物でドライマウスの対策できるもの 
唾液の量を増やすことができる飲み物についてです。

 

飲み物というと水分ということになりますが、この水分は体に必要なもので、この水分がないと人間は生きていけないことは、誰でも知っていることです。

 

水の中で誕生して、それを受け継いだ生物になります。

 

母親の羊水という水分の中で、水中生活から陸上生活に環境が変わっても、水なしでは生きていくことができません。

 

人間の体の50〜75パーセントは水でできていて、これが不足することで、生命を維持することができなくなってきます。

 

水がない状態では、5日間が限界とされています。

 

そのようなことから誰でも必ず水分を体に補給することになりますが、せっかく水分を取るのであれば、唾液の量を増やすことができる水分を補給した方が、ドライマウスの改善を早めることができます。

 

どのような飲み物が唾液の量を増やすのに役立つのかお伝えします。

 

 

唾液の量を増やす飲み物でおすすめできるのが玉ねぎの水?

唾液の量を増やす飲み物でおすすめできるのが玉ねぎの水? 
唾液の量を増やすのに役立つ飲み物でおすすめできるのが玉ねぎの水になります。

 

玉ねぎというと、生活の中もで身近なもので、サラダや他の料理などに使用されているものです。

 

玉ねぎが唾液の量を増やすのに役立つのは、この中に含まれているケルセチンという成分があるためです。

 

ケルセチンについての詳しいことは下記を参考にしてほしいんのですが、玉ねぎには酸化ストレスや唾液を阻害しているものを正常にする働きがあることが分かっています。

 

唾液の量を増やす食べ物

 

 

このケルセチンは玉ねぎに含まれていいることが分かっていますが、食べる方ではなく、実は皮に多く含まれています

 

その皮を利用した飲み物ということになります。

 

玉ねぎの皮は、そのまま捨ててしまう人が多いと思いますが、その皮を利用することができれば一石二鳥ということになります。

 

また、皮と一緒に食べられる方も取ることで相乗効果が上がることになります。

 

そして注意してほしいのは、この玉ねぎに含まれるケルセチンは、熱に弱いために、熱を加えないことに注意して下さい。

 

食べるにしても熱を加えてしまうと成分が壊れてなくなってしまいます。

 

玉ねぎは無農薬のものを使用することで安全に使用することができる 
作り方は簡単で、無農薬の玉ねぎを用意します。

 

熱を加えない皮を利用するので、農薬が使用されたものでは、体に悪影響を与えかねません。

 

農薬とは消毒剤のことで、虫などを寄せ付けないために使用されるものです。

 

殺菌剤、殺虫剤、除草剤のように幅広く利用されていますが、基本的に体に取り入れることは害になるものです。

 

ただし今の農薬は、昔と違いかなり進歩してきていて、体に負担がないように日々研究がされています。

 

昔の場合はDDT、BHC、パライオンといった毒性の強い農薬が多く、昭和30年代では死亡事故が多発していました。

 

そこで国で農薬取締法を改正して、毒性が強い農薬の販売禁止になり、毒性が強い農薬は姿を消すことになります。

 

今では、なるべく体に負担がないものが今は使用されていますが、それでも体にとっては安全と言えるものではありません。

 

ましてドライマウスは、薬の影響などが原因になることもあるので、せっかく良いと思われるものを体に取っても、害になるのであれば本末転倒になります。

 

無農薬以外のものは避けるようにして下さい。

 

農薬は日光を浴びても壊れないようになっていますので、熱に基本的に強いということです。 
農薬は日光を浴びても壊れないようになっていますので、熱に基本的に強いということです。

 

その無農薬の玉ねぎの皮を用意して、しっかりと水洗いをして、それを沸騰したお湯にさっとくぐらせて、水にすぐに浸して冷まします。

 

冷めたらそのまま何かの容器に水と一緒にいれて、一晩おいて皮から成分が溶け出すのを待ちます。

 

そして次の日に飲めば良いことになります。

 

水は水道水を使用して、ミネラルウォーターなどは使用しないで下さい。

 

ミネラルウォーターの場合は、水分の中に何も入っていないために雑菌が繁殖しやすくなります。

 

水道水には塩素という、水を消毒するものが微量に含まれていますので、長く保存することができます。

 

 

唾液の量を増やすことに期待できる玉ねぎのその他の働き

唾液の量を増やすことに期待できる玉ねぎのその他の働き 
唾液の対策以外でも玉ねぎは積極的に取り入れたいところです。

 

玉ねぎはには、とても多くの物が含まれていて、βカロチン、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、カルシウム、カリウム、亜鉛、鉄、セレン、硫化アリルといった様々なビタミンやミネラル類などが含まれています。

 

ミネラルというは元素のことで、炭素、窒素、水素、酸素と4元素のことで、人間もこの元素で構成されています。

 

そのミネラルがないと人間自体を誕生させることができません。

 

人間を構成することもできないので、細胞自体もできないということです。

 

多くのミネラルという材料があり細胞が構成され、人間が誕生することになります。

 

その大事な要素でもあるミネラルが玉ねぎには多く含まれています。

 

これらの成分が三大疾患と呼ばれる病気の予防対策にもなります。

 

玉ねぎは三大疾患と呼ばれる病気の予防対策にもなります 
サイレントキラーと呼ばれる、ガン、心臓病、脳卒中が日本の死因のトップ3になっていますが、その要因になっているのが、肥満、生活習慣病と呼ばれる高血圧、糖尿病、脂質異常どがキッカケになっています。

 

病気になるキッカケでもある生活習慣病の予防に、玉ねぎが役立つことになります。

 

ガンなどの予防にもそうですが、血圧、血糖値、コレステロールの正常にさせる働き、血液の環境を良くさせる働き、抗酸化作用、美肌、デトックスの働き、ダイエット、アトピーやアレルギーの対策など、様々なことに役立ちます。

 

ビタミンにしても熱に弱いために、生で取ることが好ましいですが、それでも玉ねぎにはたくさんの健康要素が詰まっていることになります。

 

毎日食べるには少し大変ですが、サプリメントにすることで毎日のように高濃度で体に取ることができます。

 

おすすのものであれば下記にまとめていますので参考にして下さい。

 

無農薬のもので作られたものなので安心できます。

 

ドライマスの対策と体の健康のために利用することができます!

 

 

玉ねぎサプリメント

スポンサードリンク


トップへ戻る