ポリフェノールで唾液の量を増やすものと危険な要素があるもの

ポリフェノールで唾液の量を増やすものと危険な要素があるもの 
ポリフェノールで唾液の量を増加させるものと注意点についてです。

 

口が乾燥するドライマウスの原因は、唾液の量が減る、ということがすべての原因ですが、その唾液の量の分泌に良い影響を与えるポリフェノールもありますが、そのものによって逆効果になることがあります。

 

ポリフェノール自体が悪いわけではありませんが、それと一緒に他のものを取ってしまうことで逆効果になるケースということです。

 

とても微妙な内容ですけど、ポリフェノールというのは、体に良い働きしか与えないものがほとんどです。

 

ポリフェノールは植物に含まれているものですが、植物はポリフェノールだけを持っているわけではありません。

 

ポリフェノール以外にその他の栄養素を多く持っていることになります。

 

ポリフェノールは体に良い影響を与えても、その植物に含まれる栄養素が逆に唾液の分泌を悪くさせるものがあります。

 

少し分かりづらい内容ですが、どのようなことかお伝えします。

 

 

ポリフェノール以外で唾液の量を減少させるものとは?

ポリフェノール以外で唾液の量を減少させるものは? 
ポリフェノールは基本的に唾液の量を増やすのに役立つものですが、ポリフェノールは、植物が持っている生体成分で、それ以外にもたくさんの栄養素を持っている植物は多く存在しています。

 

結論からいうと、マイナスになるものはカフェインが含まれた植物ということになります。

 

カフェイン自体は体の健康にも役立つものとして知られていますが、口が乾燥しやすいドライマウスの人とってはマイナスになることがほとんどです。

 

カフェインは、唾液をコントロールしている神経に作用して、唾液の分泌量を弱くさせる働きがあります。

 

ドライマウス気味の人以外であれば、全く問題はないといえますが、口が乾燥しやすい人が多く取り入れてしまうことで、マイナスになることがあります。

 

カフェインが含まれている植物というとコーヒーがすぐに思いつくと思いますが、お茶類にもほとんど含まれています。

 

緑茶、紅茶、ウーロン茶などです。

 

このお茶類には、体にプラスの働きを与える、唾液の分泌に役立つポリフェノールが含まれていることがありますが、その一方で唾液の量を減らすカフェインも含まれていることになります。

 

ドライマウスの人にとっては、マイナスとプラスの面を持ち合わせているということです。

 

お茶自体は健康に良いもので、その健康に良いものが含まれていて、口の乾燥に好ましくないものも含まれているということです。

 

ほとんどの植物にはポリフェノールという体にプラスになるもの含まれていますが、ドライマウスの人にとってはマイナスになる要素が存在していることがあります。

 

そしてポリフェノール自体が唾液の分泌を良くさせる食品があります。

 

 

ポリフェノールで唾液の量を増やすことができるものは?

ポリフェノールで唾液の量を増やすことができるものは? 
ポリフェノールの働きは、その植物によって働きが異なります。

 

人間の視力を良くするものや、肌の状態を良くさせるもの、体の健康全体を良くさせるものなど様々です。

 

唾液の分泌量を増やすことができるポリフェノールも実はあります。

 

そのポリフェノールがケルセチンというポリフェノールで、玉ねぎの皮に多く含まれているポリフェノールです。

 

玉ねぎ自体にも含まれていますが、皮に多く含まれているもので、臨床研究からでもその効果がすでに確認されているものです。

 

玉ねぎに含まれるポリフェノールが、唾液の分泌を良くさせると聞くと、とても以外に感じる人も多いと思いますが、実は私もその一人です。

 

なぜ玉ねぎが?

 

と思いますが、その理由も明らかになっていて、ケルセチンが唾液の分泌の邪魔になるものを排除するということです。

 

唾液の量を邪魔をする、酸化ストレスの排除、細胞の水分の増加、炎症性サイトカインを抑える、少しややこしい内容でもありますが、唾液の分泌の邪魔になるものを排除して、正常に働かせることがケルセチンにはできるということです。

 

実際にそのケルセチンを多く取り込んで、唾液の分泌が良くなった人が多いということです。

 

病院で長い期間、通院して、薬の服用や漢方などを取り込んでいた人達ばかりで、結果は何も変わらなかったようですが、ケルセチンで結果がでた人が多かったということです。 
その人達は、病院で長い期間、通院して、薬の服用や漢方などを取り込んでいた人達ばかりで、結果は何も変わらなかったようですが、ケルセチンで結果がでた人が多かったということです。

 

以外なものが効果を発揮することになりますが、玉ねぎの皮に多く含まれるケルセチンというポリフェノールがおすすめできることになります。

 

ケルセチン自体は、血液の環境を良くさせるものでも有名ですが、唾液の分泌にも影響を与えることになります。

 

その玉ねぎの皮に多く含まれるケルセチンが多く含まれたサプリメントを取ることで、ドライマウスの対策ができることになります。

 

サプリメントであれば、下記にまとめているものがおすすめで、高濃度のケルセチンが取れるようになっています。

 

玉ねぎの皮をそのまま食べることは難しいことですが、玉ねぎ自体にもケルセチンが含まれているので、普段の食生活にも取り入れることでプラスの働きがあります。

 

 

サプリメント

スポンサードリンク


トップへ戻る