更年期からくるドライマスと口臭の原因と対策の方法まとめ

更年期からくるドライマスと口臭の原因と対策の方法まとめ 
ドライマスからくる口臭ですが、その対策には更年期には特に注意が必要になります。

 

更年期とは、女性であれば誰でも起こるもので、卵巣の働きが低下していき、生理が止まってしまうことの期間の事を更年期といいます。

 

この時期になると生理にバラつきがあり、予定より遅れたり早くなってくるようなバラつきが出始めます。

 

年齢にも多少のバラつきがありますが、早い人で40代前半くらいからなる人も多く、平均では40代後半ぐらいから、その予兆が始まるような感じです。

 

こうなってしまう原因は、女性特有のホルモンでもある、エストロゲンという女性ホルモンの分泌が低下していくことが関係してきます。

 

期間でいうと約5年間ぐらいが、更年期と呼ばれていますが、女性ホルモンが低下していくことで、体に不調を感じる人も出てきます。

 

それを更年期障害ともいいますが、自律神経失調症などとも関係してきます。

 

どちらも症状が似ているので、混乱してしまうことがありますが、分かりやすくすると、更年期からの不調か、自律神経からの不調か、この違いだけで、最終的には自律神経の方に影響がでるために体に不調を感じることになります。

 

その影響からドライマウスになることが非常に多く、またドライマウスになることで口臭を強くさせていきます。

 

更年期とドライマスはどのような関係があるのかです。

 

 

更年期からドライマスと口臭に発展する原因とは?

更年期からドライマスと口臭に発展する原因とは? 
更年期からドライマスと口臭に発展しやすい原因は、自律神経との関係になります。

 

更年期は、女性ホルモンが減少して、大きくバランスを乱すことになりますが、その.女性ホルモンと自律神経は密接な関係にあるためです。

 

兄弟のように考えていただくと分かりやすいと思いますが、どちらかが乱れることで、ともに影響する関係性にあります。

 

この2つのコントロールは脳で行っていることになりますが、その脳からの指令が同じような場所にあるための影響と考えらえています。

 

女性ホルモンが乱れると自律神経が乱れる、逆に自律神経が先に乱れると、女性ホルモンも乱れる、そのような関係性ということになります。

 

女性ホルモンからの乱れは更年期障害、自律神経から乱れることは自律神経失調症、症状は同じだけど、不調の原因のスタートが、どちらが先なのかで、疾患の呼び方が変わるだけのような感じです。

 

そしてこの更年期にドライマスの人が多くなるのは、自律神経の関係と言いましたが、その自律神経が唾液の分泌と関わっているためです。

 

唾液の分泌は、その自律神経によってコントロールされているので、この神経が乱れてしまうと、唾液の分泌が大きく低下してくることになります。

 

唾液には多くの抗菌、殺菌成分が含まれているので、これが減少することで、口の中にいる細菌群を増やしてしまうことになるので、口臭も強くなってきます。

 

その度合いにもよりますが、少しずつ口の中の環境も変わってくることになるので、舌苔が増えたり、または歯周病、そしてネバネバなどを感じることもあります。

 

これらはすべて細菌の影響ということになりますが、更年期には特に注意が必要になります。

 

 

更年期からくるドライマスと口臭の対策をするには?

更年期からくるドライマスと口臭の対策をするには? 
更年期からくるドライマスと口臭の対策をするには、更年期の対策と、口臭の対策、この両方の対策が必要になってきます。

 

更年期に関しては、女性ホルモンが大きく関係することになるので、その女性ホルモンを安定させるような環境が必要になります。

 

すぐにできる対策としては、心身を落ち着かせることが最もな対策方法になります。

 

疲労を溜めないように、またストレスは大敵になるので、疲労とストレスは溜めないようにする意識です。

 

疲労やストレスは、どうしても溜まってしまうものですが、溜まってもそれを解消するようなことが必要です。

 

効果的なも方法でいうと、アロマテラピーなどをすることが効果的です。

 

アロマとは、香りのある植物成分を利用していることになりますが、その香りには薬効的な働きがあり、心身を落ち着かせることに期待ができるためです。

 

森林にいくと森林の香りがしますが、その香りで心身が落ち着く経験をしたことがある人も多いと思います。

 

植物が分泌させている香りになりますが、その香りが中枢神経に作用して、自律神経を安定させるこが分かっています。

 

入浴などもオススメです

 

食生活では大豆料理で、豆腐や納豆を少しだけ多めに食べることも効果的になります。

 

大豆には大豆イソフラボンが多く含まれていて、女性ホルモンと似た働きをすることで知られているためです。

 

更年期に唾液が減り方がひどい、またはすでに更年期障害である、そのような場合は、下記の漢方系のサプリが役立ちます。

 

更年期によるドライマウスにサプリでおすすめできるものは!

 

 

口臭の方の対策については、下記の紹介しているサプリがオススメになります。

 

すぐに対策することができると思いますが、上記の症状の方にも注意しながら使用してください。

 

自分が思う優先事項を決めて、使い分けをするようにします。

 

唾液の減り方が著しく低下している、またはすでに体に不調を感じているということであれば更年期を対策するサプリを優先させ、口臭が特にひどいというこであれば、コチラの方を先に優先すような感じです。

 

ドライマスからくる口臭を対策するサプリメント

 

 

ドライマウスと口臭対策

ドライマウスによる舌苔の対策方法

ドライマウスによる歯周病対策

ドライマウスの対策方法

スポンサードリンク


トップへ戻る