唾液を促すサプリに含まれるケルセチンの特徴と働き

唾液を促すサプリに含まれるケルセチンの特徴と働き 
唾液を促すサプリメントに含まれるケルセチンの効果についてです。

 

一部のメーカーさんでしかサプリメントとして取扱をしていませんが、ケルセチンの働きと特徴についてです。

 

唾液を促すことが臨床研究で明らかになったケルセチンですが、どのような働きがあるのか良くわからないということで、特徴と働きについてお伝えします。

 

ケルセチンというのは、植物に含まれるポリフェノールのことになります。

 

ポリフェノールというのは、植物が光合成を行うときに作らる物質のことで、光合成とういのは、植物が生きていくために必要なブドウ糖を作り出す行為になります。

 

植物が生きていくために太陽の光を利用して、エネルギーを作りますが、このときにポリフェノールというものができます。

 

ポリフェノールは、植物からしてみると、植物細胞の増加や活性化させるために必要なものということです。

 

活動エネルギーとは別に、植物細胞を増やすのに必要なのがポリフェノールということです。

 

このポリフェノールがないと植物が生きていけないことになります。

 

 

唾液を促すサプリに含まれるケルセチンのポリフェノール

唾液を促すサプリに含まれるケルセチンのポリフェノール 
どのポリフェノールも同じということではなくて、その植物によってどのようなポリフェノールを持っているのかは異なります。

 

種類にすると5000種類以上になりますが、植物によって独自のポリフェノールを持っていることになります。

 

トマトであればリコピン、ブルーベリーであればアントシアニン、大豆であれば大豆イソフラボンなど、種類が異なることになります。

 

この種類が異なるポリフェノールは人間に対しても働きが異なってきます。

 

トマトに含まれるポリフェノールであるリコピンは、老化防止作用があります。

 

ブルーベリーに含まれるポリフェノールのアントシアニンは、目の働きを良くさせる働きがあります。

 

大豆に含まれるポリフェノールの大豆イソフラボンは、女性ホルモンを安定させる働きなど、ポリフェノールによって働きや特徴が変わってくることになります。

 

基本的に抗酸化作用が強いもので、抗酸化というのはサビを落とす物質のことです。

 

人間は老化していきますが、その原因の一つになっているのが、活性酸素という酸素が活性化した酸素による影響で、強い毒性があるために細胞を老化させていきます。 
人間は老化していきますが、その原因の一つになっているのが、活性酸素という酸素が活性化した酸素による影響で、強い毒性があるために細胞を老化させていきます。

 

老化するというこは、働き自体が悪くなってくるので、衰えを感じるようになります。

 

その影響から様々な働きがギクシャクするようになります。

 

細胞を老化させる物質になりますが、そのサビ落としができるのが抗酸化の働きということになります。

 

その基本のサビ落としとは別に、植物によってプラスアルファー他の特徴と働きを持っているのが、その植物も持つポリフェノールになります。

 

Aさんは抗酸化作用と目を良くさせる物質を持っている、Bさんは抗酸化作用と女性ホルモンを安定させる物質を持っている、そしてケルセチンは抗酸化作用と唾液の量を増やすことができる物質を持っている、このうように表現することができます。

 

 

唾液を促すサプリに含まれるケルセチンは玉ねぎに多い!

唾液を促すサプリに含まれるケルセチンは玉ねぎに多い! 
ケルセチンはプロポリスというミツバチが作る液体やイチョウ葉の中にも含まれていて、その他にケッパー、りんご、みかん、ブロッコリー、パセリ、サニーレタス、モロヘイヤ、ケール、クランベリー、そば、緑茶からも取ることができます。

 

その食品の中でケルセチンを多く持っていいるのが玉ねぎということになります。

 

正確には玉ねぎの皮に多く含まれているものです。

 

この玉ねぎに多く含まれるケルセチンが、唾液を促すことが確認されたことになります。

 

唾液の分泌を弱くさせる原因として、酸化ストレス、活性酸素、炎症性サイトカインという原因が考えられています。

 

酸化ストレスというのは、ストレスなどで発生した老化物質を上手に排除できていない状態のことです。

 

通常はストレスを受けると活性酸素というものが体内に発生しますが、それを排除するためにスカベンジャーという酵素やホルモンの働きで外に排出させています。

 

ですが、このバランスが何らの影響で働きが鈍くなっていることから老化物質が溜まることで唾液の分泌が弱くなると考えられています。

 

そのバランスを安定させる働きがあるのがケルセチンということです。

 

体内に溜まった老化物質でもある活性酸素そのものを排除させる働きがケルセチンにはある。 
そのバランスの安定と、体内に溜まった老化物質でもある活性酸素そのものを排除させる働きがあります。

 

そして炎症性サイトカインというのは、細胞から分泌されるものが、他の細胞に炎症を与えてしまう状態のことをいいます。

 

ケルセチンは、その細胞の炎症を抑え、水分の分泌量の増加をさせることが分かっています。

 

唾液の分泌の壁になる、酸化ストレスのバランスの安定、細胞を老化させ働きを悪くさせる活性酸素の除去、そして唾液の分泌腺の細胞を活性化させる働き、この3つのことができるのがケルセチンの働きになります。

 

その他に血液の環境を良くさせることは有名なことなので、知っている人は多いと思います。

 

ドライマウスとは別に、玉ねぎは食べているだけで、肥満の防止などにもなるので健康にも良いことになります。

 

ただしケルセチンは熱を苦手とするので、熱を加えてしまうことで減っていきます。

 

生で食べることが望ましくなりますが、サプリメントであれば高濃度のケルセチンを取ることが可能になります。

 

おすすめのものであれば下記にまとめていますので参考にして下さい。

 

有機栽培の高品質の玉ねぎのケルセチンを取ることができます!

 

 

サプリメント

スポンサードリンク


トップへ戻る