ドライマウスとサプリメント!酸化ストレスに効果のあるもの

ドライマウスとサプリメント!酸化ストレスを正常にするもの?

ドライマウスとサプリメント!酸化ストレスを正常にするもの? 
ドライマウスにおすすめのサプリメントの特徴と働きについてです。

 

口が乾燥するドライマウスは、色々な原因が考えられますが、口が乾燥する原因に酸化ストレスというものがあります。

 

要するに体に悪いものが溜まったような状態のことをいいますが、その影響から唾液の分泌量が低下することが分かっています。

 

年齢を重ねると、体内に溜まった毒素や老廃物を排出させる力が弱くなり、それが溜まりやすくなることで、体に悪影響を与えることは知っての通りです。

 

分かりやすい例でいうと「便」もそのうちの一つで、体内に溜めることで体に不調を与えるようになります。

 

そのような老廃物を体内に溜めやすくなる体質になることでドライマウスにも影響されるようにもなります。

 

今回は、その唾液の分泌に影響を与える、酸化ストレスの対策ができるサプリメントを紹介します。

 

 

ドライマウスとサプリメント!酸化ストレスの対策に玉ねぎの力

ドライマウスとサプリメント!酸化ストレスの対策に玉ねぎの力 
酸化ストレスの影響からのドライマウスの対策におすすめのサプリメントが「玉ねぎの力」です。

 

最初にこの酸化ストレスの意味ですが、酸化反応により引き起こされる生体にとって有害な作用、という意味になります。

 

酸化によって体にストレスが起きているような状態のことです。

 

酸化とは、分かりやすい例でいうと、サビを作る物質と思うと分かりやすいと思います。

 

人間は酸素を必要としますが、その酸素からエネルギーを作り出します。

 

そのエネルギーを作りだしたときに、化学反応から副産物として出来てしまうのが酸化物質という体をサビさせる物質です。

 

細胞をサビさせるというと分かりやすいかもしれません。

 

細胞がサビていくと働きが悪くなっていきますが、これが老化ということになります。

 

酸化ストレスが溜まることで唾液腺の分泌量が減ってくる 
その酸化物質は酸素を取り入れるだけで、発生するのではなく、それ以外にストレス、アルコール、喫煙、食品添加物、紫外線など、まだたくさんありますが、酸素以外にもこのようなことが影響されて、体に副産物として酸化物質が溜まります。

 

この状態をまとめて酸化ストレスといいます。

 

色々なことが原因で体に副産物でもある酸化物質が溜まり、体に悪影響を与えてる状態のことです。

 

ドライマウスでいうと唾液の分泌の働きが悪くなってくるということです。

 

ただ、その酸化物質がそのまま多く溜まってしまうと、体に害しか与えませんので、それを取り除く働きも人間にはあります。

 

それが抗酸化の働きです。

 

体に悪影響を与える酸化を取り除く物質になりますが、何らかの理由で体に酸化ストレスに傾いている状態になることで、唾液の分泌にも影響を与えるようになります。

 

具体的には唾液腺組織に酸化ストレスが発生して唾液の分泌に影響を与えると考えられます。

 

酸化と抗酸化のバランスがくずれていることにもなります。

 

腸内細菌でいう悪玉菌と善玉菌でいうと分かりやすいと思いますが、何らかの理由で悪玉菌が優勢になっているようなイメージです。

 

そのバランスを正常にさせる働き、また悪い方を取り除く働きをするのが今回のサプリメントということになります。

 

 

ドライマウスの対策サプリ!玉ねぎの力の特徴と働き

ドライマウスの対策サプリ!玉ねぎの力の特徴と働き 
今回のサプリメントは玉ねぎを使用したサプリメントになります。

 

ハウスウェルネスフーズ株式会社というメーカーでハウス食品のグループ会社なので、知っている人が多いかもしれません。

 

バーモントカレー、ジャワカレー、印度カレー、こくまろなどでもお馴染みのメーカーさんです。

 

以外かもしれませんが、玉ねぎの中に今回の酸化ストレスと抗酸化のバランスを正常にさせるような働きと、唾液腺に影響を与える酸化ストレスを取り除くものが含まれているということです。

 

大学でケルセチンが唾液の分泌量を増やすことが実証されている。 
これは鶴見大学先制医療センターのマウスを使用した実験で明らかにされています。

 

それを支援する企業がこの大学と契約をしているところまで進んでいるので、いずれ薬の開発なども行われると予想することができます。

 

薬ができるまでに数十年と先の話しになってしまいますが、その唾液の分泌に影響を与える酸化物質を取り除くのに働くのが、玉ねぎに含まれるケルセチンという成分です。

 

ケルセチンは玉ねぎに含まれるポリフェノールの一種のことです。

 

ポリフェノールというのは、植物などが持つ生体成分のことです。

 

トマトでいうとリコピン、緑茶でいうとカテキン、ブルーベリーでいうとアントシアニンなど、それぞれ特有の働きと成分を持っていますが、それらをまとめてポリフェノールと呼んでいます。

 

ケルセチンは玉ねぎの皮に多く含まれているのでサプリメントでないと取ることは難しい 
玉ねぎにケルセチンが含まれていますが、食用には向いていない玉ねぎの皮に多く含まれています。

 

その玉ねぎの皮に多く含まれるケルセチンが、今回のサプリメントに豊富に使用されているということです。

 

ケルセチンは実と皮に含まれていますが、皮の方に多く含まれているものです。

 

ハウス食品お玉ねぎの力は、実とは別に玉ねぎの皮の量が140mgも含まれています。

 

玉ねぎは血液をサラサラにする働きがある 
良く玉ねぎは「血液サラサラ」などと聞くことがあると思いますが、その働きになっているのがケルセチンということになります。

 

強い抗酸化作用力を持っているのが特徴で、体に溜まった毒素を排出させるために優れた働きをします。

 

ケルセチンは関節痛の改善にも役立つ。 
ケルセチンは脂肪の吸収を抑えるので、ダイエットにも効果が期待できますが、関節痛や骨粗しょう症などの炎症や痛みなどを抑えてくれることでも有名です。

 

筋肉の減少に酸化が深く関わっていますが、その酸化を抑える働きがあるのです。

 

実は高齢になると多いのですが、高齢でドライマウスの人は関節痛を同時に伴う人が多くいます。

 

その関節痛にもケルセチンは期待ができることになります。

 

血行、ダイエット、関節痛、そしてドライマウスの対策に必要不可欠な存在と言えます。

 

玉ねぎの力は北海道の新篠津村で栽培されている 
ケルセチンを取り入れるだけで、普通以上に健康に良いことになりますが、唾液線の分泌に影響を与える酸化ストレスを取り除くのに多く取りたいところです。

 

玉ねぎの力に使用されている玉ねぎは、ブランド産でもある北海道のものを使用していて、それだけではなく、化学肥料や農薬を使用しない有機栽培で育てられたものを使用しています。

 

玉ねぎ王国北海道と呼ばれていますが、全国の収穫量で50%以上を占めているために収穫量第1位となっています。

 

同じ玉ねぎでも、産地や栽培されている場所で、大きく中に含まれる栄養分や旨味などは変わるものです。

 

北海道産の玉ねぎは春植えて夏に収穫するので辛み成分が豊富でその辛味が唾液の分泌を良くさえる。 
北海道産のものは辛味があるのが特徴ですが、春に植えて夏に実ができるためです。

 

夏は虫が多くなりますので、辛味成分をだして、その虫から自分の身を守ろうとするために辛味成分が多くなります。

 

玉ねぎの辛味成分が体の不調を整えてくれる 
その辛味成分が硫化アリルという成分になりますが、これが優れていて、消化の分泌を助ける、疲労回復、新陳代謝を助ける、血液の凝固や、血管を詰まらせる血栓を防ぐ、コレステロールの増加を抑える、免疫力のアップなどの様々な働きがあります。

 

その辛味成分でもある硫化アリルと、酸化ストレスに有効なケルセチンが高濃度で凝縮されてサプリメントになっています。

 

玉ねぎのことについては、ハウス食品さんが長年研究してきたことでもあり、右にでるメーカーさんはいないのではないでしょうか。

 

1日の目安は、水と一緒に3粒の使用になります。

 

1箱で取ることもできますが、おすすめは定期といえます。

 

1日でドライマウスは改善されませんので、体質に変化を与えるためにも定期の方が結果的にはお得になります。

 

 

ドライマウスとサプリメント

ドライマウスの対策方法

ドライマウスと口臭対策

ドライマウスの原因

スポンサードリンク


トップへ戻る