更年期にドライマウスになる原因と解決の方法は?

更年期にドライマウスになる原因と解決の方法は? 
女性に多い更年期の影響からドライマウスになる原因と、対策の方法についてです。

 

更年期というのは、閉経(へいけい)を匂わせる10年前後のことを指していて、生理が終わるか、終わらないかのような期間のことを更年期といいます。

 

生理が1年なければ閉経ということになります。

 

女性であれば必ずこの更年期という期間があることになります。

 

自然な体の変化ということになりますが、一般的には40代ぐらいからその傾向が現れてきます。

 

早い人では30代後半くらいからその予兆を感じる人もいます。

 

閉経の平均は50歳ですが、早い人で30代ぐらいの女性でもいることになります。

 

40代から50代前後の更年期という期間の中で、ドライマウスになる女性が多いと言えます。

 

男性にも更年期があると言われていますが、どのようなことがドライマウスの原因で、対策方法はどのような方法があるのかお伝えします。

 

 

更年期にドライマウスになる原因は女性ホルモンの影響

更年期にドライマウスになる原因は女性ホルモンの影響 
更年期にドライマウスになりやすくなる原因は、女性ホルモンの影響ということになります。

 

更年期は卵巣(らんそう)の機能が急激に低下して、女性ホルモンの分泌が少なくなることで体に様々な影響を与えるようになります。

 

だるい、ほてり、イライラする、汗をかきやすい、頭痛などありますが、唾液の分泌にも大きな影響を与えるために口が乾燥しやすい人も多くなります。

 

ホルモンというと、女性であれば乳房など女性らしい体つきにさせる性腺刺激ホルモンなどもありますが、基本的な働きは、体の働きを常に同じになるように調整する、情報伝達の化学物質ということになります。

 

分かりやすい例では体温で、夏でも冬でも体温が36℃に保たれているのもホルモンの働きになります。

 

脳下垂体(のうかすいたい)、甲状腺(こうじょうせん)、副甲状腺、副じん、すい臓、生殖腺(せいしょくせん)と6ヶ所で作られています。

 

そのホルモンの分泌を司令塔のように操作しているのが脳ということになります。

 

ホルモンの分泌を司令塔のように操作しているのが脳ということになります 
脳も色々な役割があり、まだまだ分かっていないことが多いですが、ホルモンの分泌と自律神経という神経の操作をしているところが同じような場所にあります。

 

同じような場所から命令されているので、どちらかがアンバランスになると、その影響を受けやすくなります。

 

女性ホルモンの分泌に大きな変化があると、それにつられるように自律神経も影響されるということです。

 

自律神経は自分の意思とは関係なく働く神経のことで、この神経が影響を受けると、体に誤作動を起こすようになります。

 

車でいうと突然車が走ったり止まったり、または昼間なのにライトが点灯したり消えたりと、自分の意思とは関係なく誤作動を起こすようになります。

 

その誤作動が不調と感じるようになります。

 

ドライマウスの関係でいうと、唾液の分泌量をコントロールしているのも自律神経になりますので、女性ホルモンが大きく変化することで、唾液の分泌などに影響を受けやすくなるとうことです。

 

女性にドライマウスが多くなるのは、このようなことが影響されていることになります。

 

男性の場合のホルモンは、比較的大きな変動がなく、ゆるやかに減少していくので波があまりなく、口が乾燥しにくいといえますが、高齢になることで女性と同じく足並みを揃えるようになります。

 

早いのか遅いのかの違いのような感じでもあります。

 

 

更年期によるドライマウスを対策するには女性ホルモン

更年期によるドライマウスを対策するには女性ホルモン 
最終的に女性ホルモンの影響からドライマウスになりやすくなるので、このホルモンの安定が対策の方法になります。

 

そのため対策方法として、ダイエットは控える、食生活の見直し、ストレス耐性の強化、ということになります。

 

ダイエットは控えるというのは、体を飢餓状態にしていくと、機能を十分に働かせるためのエネルギーが不足するということになるので、その影響からさらに体の不調を大きいものにしてしまいやすくなります。

 

体を正常に働かせるための栄養は必要になるので、その分はしっかりと補給しなければいけません。

 

食生活では体を温めやすい食べ物を中心として、体を冷やさないような工夫です。

 

かぼちゃや人参、ごぼうなどの根菜類は体を温める性質があるので、積極的にとりたいところです。

 

しょうがを利用した料理なども体を温めるのに役立ちます。

 

体を温めることで自律神経が安定しやすくなるので、その影響から女性ホルモンの安定に役立つことになります。

 

お風呂でゆっくりつかる、適度な運動をするというのもプラスに働きます。

 

豆腐なども女性ホルモンと似たような構造を持っている、大豆イソフラボンも含まれているのでおすすめです。

 

ストレスに関しては自分でのコントロールになるので、ストレスを溜めないようにしましょう、といってもそれは本人が一番望んでいることでもあり、分かりきっていることでもあるので、自分でのコントロールが必要になります。

 

そして体の不調を安定させるためのサプリメントもおすすめです。

 

今はとてもいいものが揃っていて、その中でもおすすめのものがあります。

 

漢方系を取り入れたもので、身近なもので身近ではないような貴重なものが使用されています。

 

おすすめです!

 

 

更年期

 

 

ドライマウスとサプリメント

ドライマウスの対策方法

ドライマウスと口臭対策

ドライマウスの原因

スポンサードリンク


トップへ戻る