ドライマウスの対策は姿勢を正しくすることでも改善に役立つ!

ドライマウスの対策は姿勢を正しくすることでも改善に役立つ! 
ドライマウスの対策と姿勢についてです。

 

姿勢が悪くなると血行不良という、体の血液の流れが悪くなりますが、その影響から唾液の分泌が弱くなることがあります。

 

唾液は血液からできているためです。

 

パソコンやスマートフォンなどが登場して、生活が便利になりましたが、その影響から前かがみになる人が増え、姿勢が徐々に悪くなっている人が多くなりました。

 

画面が見えづらいと、顔を近づけるという行為から、その状態を長く続けることで、猫背になる人が多いと言えます。

 

スマートフォンを持ちながら、そのようになっているのは良くみる光景だと思います。

 

肩こりというのも姿勢が悪くなっている証拠で、そのような積み重ねがドライマウスにも影響されやすくなります。

 

今回はこの姿勢の対策とドライマウスについてお伝えします。

 

 

ドライマウスの対策に姿勢を正しくする理由について!

ドライマウスの対策に姿勢を正しくする理由について! 
ドライマウスの対策に姿勢を正しくする取り組みも必要なのは、先ほども話した通りで、血液の環境を良くさせるためです

 

姿勢が悪くなると血行不良というものを起こしやすくなりますが、血行不良というのは、血のめぐりが悪いことをいいます。

 

なぜそのようになるのかは、運動不足ということも考えられますが、多くは姿勢の悪さからきていることが多いといえます。

 

肩こりでいうと分かりやすいと思いますが、この「こる」というのは筋肉が緊張してかたくなっていることを言います。

 

なぜ筋肉が緊張してかたくなるのかは、悪い姿勢を続けてしまうことが原因です。

 

首から上は約5kgぐらいの重さになります。

 

5kgというと、お米の5kgを思い出してほしいのですが、その重さを常に頭から下の筋肉で支えていることになります。 
5kgというと、お米の5kgを思い出してほしいのですが、その重さを常に頭から下の筋肉で支えていることになります。

 

以外に軽いようで重いのが頭です。

 

その頭を肩から背中にかけての筋肉が、その頭の重さを常に支えていることになります。

 

姿勢が悪くなるといことは、頭が前かがみになることで、その重さを支えるために首や肩に負荷がかかってくることになります。

 

その負荷により緊張が続くことで、筋肉がかたくなるので血管が押しつぶされるような状態になり、血液の巡りが悪くなってきます。

 

血管は太い血管から細い毛細血管まで、たくさん体中に張り巡らされていますが、その血管が筋肉で押しつぶされることで血液の巡りが悪くなってきます。

 

血行が悪くなると、筋肉や体に栄養が行き渡らなくなり、老廃物を回収する働きも悪くなるので、コリという症状がでるようになります。 
血行が悪くなると、筋肉や体に栄養が行き渡らなくなり、老廃物を回収する働きも悪くなるので、コリという症状がでるようになります。

 

川の流れをどこかでせき止めているような状態です。

 

その影響から疲労物質が溜まるようにもなり、古いものから新しものに変える新陳代謝が悪くなってきます。

 

現場で働いている人に、最初は豪華なお弁当が配給されていましたが、そのうちお弁当自体も届かなくなるようなイメージです。

 

体の回復が遅くなるということです。

 

肩こりにマッサージをすると一時的に血行が良くなるので、老廃物などが早くに排出され代謝が活発になり、疲れがとれたような経験をしたことがる人は多いと思います。

 

血液は細胞の働きを良くさせるために日夜、色々なものを運んでいますが、その環境が悪くなることで、唾液の分泌量にも影響を与えることがあります。

 

唾液は血液で出来ていて、その分泌腺は肩から上にすべて存在しています。

 

姿勢が悪くなるということは、首や肩で血液がせき止められ、頭の方に十分な栄養や酸素、水分が届いていないことで、また老廃物を溜めることになるので、唾液の分泌にも影響を与えることがあるということです。

 

 

ドライマウスの対策に姿勢を良くするための方法とは?

 

姿勢を良くさせるための簡単な方法としては上記の動画を参考にして下さい。

 

毎日実践することでコリの解消と姿勢を正すのに役立つはずです。

 

猫背の人は特に注意したいところで、積極的に毎日したいところです。

 

姿勢を正すことで、疲れづらくなり肩こりなどもなりづらくなります。

 

血行が良いということでもあり、十分に栄養や酸素、水分が補給されている証拠でもあります。

 

その運動に加え、普段からでも正しい姿勢を心がけることで、少しは違うものです。

 

猫背を矯正するベルトもありますが、これはこれで賛否量両論で一時的だという声が多くありますが、使用するもので大きく変わると思います。

 

できれば自分で正すことで本当の姿勢を手に入れることができます。

 

姿勢を正すことで、冷え性の改善、美肌の効果、精神面の安定なども得られやすくなります。

 

そのようなことも意識しながら、唾液を促すことができるサプリメントも使用することで、さらにドライマウスの改善を早めることができます。

 

 

サプリメント

 

ドライマウスとサプリメント

ドライマウスの対策方法

ドライマウスと口臭対策

ドライマウスの原因

スポンサードリンク


トップへ戻る