ドライマウスの対策はケルセチンで解決することができる!?

ドライマウスの対策はケルセチンで解決することができる!? 
口が乾燥するドライマウス、その解消に効果が確認されているのがケルセチンという成分になります。

 

唾液の分泌を良くさせることが、化学的に臨床研究で確認されている成分になります。

 

実は、実際に臨床研究の中で唾液の分泌を良くさせたものは、もう一つ確認されていますが、その中でもこのケルセチンがとても有効だということが分かっています。

 

口が乾燥するドライマウスは、加齢やストレス、ホルモンの影響、食生活やアルコール、タバコ、薬など、原因を上げると数多くのことが考えられますが、いまだに正しい治療法が確率されていないために、長年にわたって治療をしている人が数多くいます。

 

乾燥の度合いがあまりそうでもない場合は、そのままにしている人も多く、口臭や舌苔が気になるぐらいだと思いますが、ひどい場合は、食事をするのも困難になってくるので大変です。

 

そのようなことから病院に通うことになりますが、治療法が確率されていないために長年そのままになっている人が多いことになります。

 

薬で対処することができないために、漢方薬をすすめる人もいるのも分かるような気がします。

 

ただ、やはり人間の体なので、唾液が減るにしても病気にしても必ず原因というものが存在していて、その原因が分かり、対策するものが発見されることで、病気に限らず体調を回復させることができます。

 

その原因不明のようなものは、まだまだたくさんありますが、解明のためにそれを研究している人もたくさんいるということです。

 

ドライマウスもその部類に入りますが、その口の乾燥に効果を見せたのがケルセチンということです。

 

 

ドライマウスの対策になるケルセチンはどのような成分!

ドライマウスの対策になるケルセチンはどのような成分! 
ケルセチンというのは玉ねぎの中に多く含まれている物質のことで、ポリフェノールということになります。

 

ポリフェノールを分かりやすくすると、苦味や渋み、色素の成分のことです。

 

野菜にしても、例えば人参でいうと赤みがありますが、その色の成分や、また苦味の強い皮などに多く含まれているものがポリフェノールです。

 

一言でまとめるとポリフェノールは、植物が害になってしまう外部からの敵から守るための物質になります。

 

植物が生命を守るための物質ということです。

 

植物が害と感じるのは、虫であったり、光をエネルギーに変えるときに発生する活性酸素というものが害になります。

 

そのようなものを除去する成分がポリフェノールの働きで、その植物によって効果や人間にとっての働きは異なります。

 

視力に良いものもあれば、若さを保つのに強いもの、病気の予防に良いものなど、人間にとっては働きが変わってきます。

 

トマトでいうとリコピンというものが、トマトに多く含まれるポリフェノールになりますが、老化を防止することで知られています。

 

ケルセチンというポリフェノールは、玉ねぎに多く含まれていて、皮に多く含まれている成分になります。

 

そのケルセチンが唾液の分泌を良くさせることが分かったということになります。

 

 

ドライマウスの対策になるケルセチンの具体的な働き

ドライマウスの対策になるケルセチンの具体的な働き 
ケルセチンの具体的な働きは、唾液の分泌を阻害している酸化ストレスの除去炎症性サイトカインを抑える細胞にカルシウムを取り込むことで水分の分泌増加、この3つの働きです。

 

酸化ストレスというのは、分かりやすくいうと体に害になるものが溜まっている状態のことです。

 

老化や病気の原因になる、活性酸素という細胞の働きを悪くさせる物質がありますが、その活性酸素が原因で細胞の働きが悪くなり、老化や病気の原因にもなってきます。

 

その害になる活性酸素を除去させるシステムは人間に備わっていますが、それが何らかに理由でスムーズにいかなくなることで、活性酸素が体内に溜まっていくことになります。

 

細胞の働きを悪くさせるものが溜まっている状態が酸化ストレスです。

 

汚す人と掃除をする人のバランスが崩れたような状態です。

 

そのバランスを良くさせ、いらないものを排除させる働きがケルセチンにはあるとうことです。 
そのバランスを良くさせ、いらないものを排除させる働きがケルセチンにはあるとうことです。

 

その酸化ストレスの正常化と、唾液の分泌の邪魔になるものを取り除く働き、そして唾液の分泌を良くさせる働きがあるということです。

 

ケルセチンは薬はないので当たり前ですが、一切の副作用がありません。

 

玉ねぎを食べて具合が悪くなる人は、そんなにいないと思います。

 

皮に多く含まれていますが、実の方にしてもケルセチンは熱に弱いので生で食べることで、ケルセチンを多く取ることができます。

 

毎日生で食べるのにも少し辛いものがありますが、サプリメントで取ることで効率良くケルセチンを取ることができます。

 

食べる実の方と、食べることに困難な皮までもサプリメントにしてしまったものがありますので、そちらの方が使用することで効率良くケルセチンを取ることができます。

 

下記にまとめていますが、とても優秀なものになっています!

 

 

玉ねぎのサプリ

 

 

ドライマウスとサプリメント

ドライマウスの対策方法

ドライマウスと口臭対策

ドライマウスの原因

スポンサードリンク


トップへ戻る