ドライマウスによる口内炎の種類と解決の方法は

ドライマウスによる口内炎の種類と解決の方法は 
ドライマウスによる口内炎の種類と解決の方法についてです。

 

食事の時だけでなく会話することも辛くなってしまう口内炎ですが、原因や種類には様々なものがあって、その為症状に適した対策でケアすることが大切です。

 

原因として考えられることは、忙しい生活により食生活が不規則になり栄養バランスが崩れてしまうこと、またストレス・疲れ・睡眠不足などによる精神的な疲れも影響します。

 

それから特定の細菌が繁殖することや傷からのウイルス感染、歯磨き剤に含まれる合成界面活性剤による炎症、病気や薬など、様々なことが関係してくるのです。

 

加齢やストレスにより発症するドライマウスで唾液が減少して口の中が乾いてしまうことも、発生しやすい環境をつくってしまうことになります。

 

唾液には口の中の汚れや細菌を除去するだけでなく、口腔内の粘膜の保護や修復するといった大事な役割もあって、そうした働きによって口腔内が正常に保たれているのです。

 

その為、適切なドライマウスに対する対策を実施して、口内炎や口腔衛生の大敵となる唾液の減少を解消する必要があると考えられます。

 

 

ドライマウスによる口内炎は1種類だけではない

ドライマウスによる口内炎は1種類だけではない 
ドライマウスをはじめとして様々な要因で発生する口内炎には、どのような種類があるのかを知っておくことは対策にもつながることです。

 

口の乾きを引き起こす要因にもなるストレスや疲労で免疫力が低下することにより起こるのがアフタ性というものです。

 

明確な要因は分からないのですが、栄養バランスの乱れや睡眠不足などが発生する大きな要因と考えられています。

 

様々なウイルスにより発生することもあって、ヘルペスウィルスに感染することで起こるヘルペス性や、カンジダというカビにより起こるカンジダ性というのもあります。

 

こうしたウイルスにより起こるものは、その他の要因で起こるものと比較して痛みが強くて、発熱や倦怠感といった症状を伴う場合もあるのです。

 

その他の種類としては、口の乾きなどは関係しないものですが、歯科治療による合わない被せ物や入れ歯、何らかの外傷などが要因となって起こるカタル性というのもあります。

 

また、タバコの喫煙が要因となって起こるニコチン性というのもあるなど、様々な要因で発生するいろいろな種類があることを理解しておくことです。

 

そして、発生させてしまう原因に対応した適切な予防方法を心がけることです。

 

 

ドライマウスによる口内炎の対策の基本は休養

ドライマウスによる口内炎の対策の基本は休養 
疲労やストレス、栄養バランスの乱れなど様々な原因で発生する口内炎なら、ゆっくりと休養をとったり、栄養バランスを整えたりすることで治ることも考えられます。

 

その為の対策としては、何といっても十分な睡眠をとることで、心身共に休養をとってリラックスすることで免疫力も高まります。

 

また栄養バランスがとれた食事を心がけることも大切で、皮膚や粘膜の健康維持にはビタミンB群が役立つので、それらの栄養素を積極的に摂取すると良いです。

 

それからドライマウスによる口腔内の乾燥を予防することも重要な対策になり、加齢による噛む筋力の低下や更年期障害などを解消して唾液の分泌を促進させます。

 

唾液が減少して口の中が乾燥してしまうと、細菌が繁殖しやすい環境になってしまいますし免疫力も低下してしまうので、唾液の分泌を促進する対策を心がけることをおすすめします。

 

ちなみに、ドライマウスは単に口内炎などの口の中に起こるトラブルだけでなく、全身に起こる疾患にもつながることなので、しっかりと予防することが大事です。

 

 

口内炎が長引くようであれば専門治療をする

口内炎が長引くようであれば専門治療をする 
しかし、10日以上もの長い期間症状が続く場合や広範囲にわたって発生している場合、また発熱などの全身症状が伴う時には病院を受診することも考える必要があります。

 

また、痛みが強く起こることで食事ができないなど、日常生活に支障が起こるような場合には、我慢しないで医療機関を受診すると良いです。

 

受診するのは歯科・口腔外科・耳鼻科などで、子供が発症している場合なら、いつも行っているかかりつけの小児科で診てもらうことです。

 

病院を受診して治療する場合の主な方法として考えられるのは、薬物療法とレーザー治療で、まずは原因に適した薬により改善を試みます。

 

細菌や炎症が原因で発生している場合には、殺菌・消毒効果、抗炎症作用のある軟膏・シール・飲み薬などが用いられます。

 

ウイルスの感染が原因と考えられる場合には、原因となっているウイルスに対して効果がある抗ウイルス薬を使用します。

 

ちなみに殺菌・消毒効果、抗炎症作用のある薬は市販されているので、市販薬を利用して治療することも可能です。

 

痛みが強い場合や治癒を早めたい時には、殺菌・消炎鎮痛・組織の活性化などの効果があるレーザー治療が行われます。

 

 

ドライマウスの対策ができるサプリメントを活用する

ドライマウスの対策ができるサプリメントを活用する 
口が乾燥しやすくなることで、細菌がウイルスの影響を受けやすくなるので、それを根本的な対策としては、唾液の量を増やすことが根本的な対策になります。

 

今は唾液の量を増やすことに期待ができる、サプリメントが少ないですが数種類あるので、そちらの方を使用することもおすすめします。

 

 

ドライマウスのサプリメント

 

 

ドライマウスとサプリメント

ドライマウスの対策方法

ドライマウスと口臭対策

ドライマウスの原因

スポンサードリンク


トップへ戻る