高齢者にドライマウスが多い理由と対策の方法とは

高齢者にドライマウスが多い理由と対策の方法とは 
ドライマウスが高齢者に多い理由と対策の方法についてです。

 

一般的に、緊張などで一時的に口の中が乾いてしまうことがあっても、水分を補給することで通常は渇きが解消されます。

 

しかし、常に口の中が乾いたような状況が長期間続いてしまう場合には、ドライマウスといった病気と診断されます。

 

唾液の量が低下することなどで口の中が乾燥して、口やのどが渇く・飲み込みづらい・口臭が気になるなどの症状を引き起こすのです。

 

また状態が酷くなると、うずくような痛みを口の中で感じたり、口の中がただれる・ひび割れる・出血したりするなどの症状が起こってしまうこともあるのです。

 

このような症状を引き起こしてしまうドライマウスは、高齢者に多くみられると言われていますが、その理由としてはどのようなことが考えられるのでしょうか。

 

加齢によって軟らかい食べ物を食べる習慣が増えることにより、口周辺にある咀嚼筋が衰え筋力が低下することで、唾液の分泌が悪くなってしまうことが考えられます。

 

また個人差はありますが、加齢により猫背になってしまう方も少なくないもので、その姿勢によりあごが前へ出て口呼吸になりやすいことも理由として考えられます。

 

 

高齢者にドライマウスが多い理由は色々ある

高齢者にドライマウスが多い理由は色々ある 
それから加齢によって日々の水分摂取量が減少してしまう人も多く、それが唾液の減る原因になっていることも考えられるのです。

 

加齢と共に服用薬が多くなってしまうことも理由のひとつで、年齢を重ねて元気な人もいますが、どうしても病気がちになり複数の薬を飲むことが多くなります。

 

そうした薬の副作用によって症状が現れていることも考えられることで、服用する薬の副作用に注意し対策をする必要があります。

 

高齢者の口のトラブルが要因となってドライマウスの症状を引き起こしてしまうこともあるので、加齢による口の中の変化に対しても理解しておく必要があります。

 

年齢を重ねることで歯と歯周組織が変化しますし、舌や口腔粘膜の状態に変化が見られるようになって、口臭や口の渇きの原因になります。

 

また歯肉の炎症がおきやすくなったり、歯や入れ歯の面に付着した細菌が口の中で培養して増えやすくなったりします。

 

それから入れ歯が少しずつ合わなくなることで、食べ物が噛みにくくなったり口の中を傷つけたりしてしまうことも多くなるのです。

 

加齢によりこのような変化が口の中で起こることを認識して、口の健康を維持する対策を心がけることも必要です。

 

 

高齢者のドライマウスを対策するための方法

高齢者のドライマウスを対策するための方法 
唾液の分泌量が低下するなどが原因で口の中が乾燥してしまう病気がドライマウスで、加齢も唾液が減少する要因なので高齢者は特に注意したいです。

 

また心疾患や高血圧などの病気、服用している薬の副作用、口呼吸咀嚼時間の低下なども症状を引き起こす要因になります。

 

このような症状の対策として高齢者の口腔ケアはとても大切で、それにより唾液の分泌を促すことを心がけることです。

 

また口腔ケアには、それ以外にも食べ物や口の中の細菌が誤って肺に入ることで発症する誤嚥性肺炎の予防も目的としてあります。

 

それから加齢と共に口腔機能の低下が見られることから、口腔ケアによりしっかり噛んだり飲みこんだりすることができるようにすることも目的のひとつです。

 

こうした口腔ケアと共に高齢者のドライマウスの対策方法としては、唾液腺マッサージをすると言ったものもあります。

 

これは、耳下腺・顎下腺・舌下腺の3つの唾液腺をマッサージすることで、唾液の分泌を促進して口の中の乾燥を防止しようとするものです。

 

また、うがいや口腔ケアをした後に口腔用の保湿剤を使って口の中を潤しておくことも予防・改善につながります。

 

ただ塗り過ぎてしまうと乾燥した際に固まって口の中の粘膜を剥がす可能性も考えられるので、使用量については要注意です。

 

 

高齢者のドライマウスは歯磨き粉の見直しも大事

高齢者のドライマウスは歯磨き粉の見直しも大事 
それから毎日の入れ歯や歯の清掃も大切なことで、口の中を清潔にすることで口腔内のトラブルを予防・改善して唾液の分泌を促すことにつながります。

 

ただ人によって違いはありますが、一般の歯磨き粉では刺激が強すぎることも考えられるので、そのような時には口腔ケア用のジェルを試してみるのもひとつの方法です。

 

口が乾燥する症状にもよりますが、口腔のスペシャリストである口腔外科などがある歯科で、口腔内の診査や唾液量の検査などを受けてみることも予防・改善のためには必要です。

 

そうすることで原因が明確になって、他の病気や薬の副作用が症状を引き起こしている場合には、循環器内科など他の診療科と連携することが可能になります。

 

それにより適切な対処をすることができて、ドライマウスだけでなくその他の症状の改善にもつながる可能性も考えられるのです。

 

 

薬を使用する治療よりもおすすめの方法はある?!

ドライマウスの対策ができるサプリメントを活用する 
ドライマウスは、その人によって軽度、中程度、ひどい状態など、その人によって状況は異なりますが、いまだに適切な治療方法が見つかっていません。

 

そのため何年とこの症状に悩まれている人が多いことになります。

 

現状維持のようなことが多い中、唾液の分泌を良くさせることが確認できているものがあります。

 

サプリメントになりますが、薬ではないので副作用もなく、日常で使用できるもので安心です。

 

 

ドライマウスのサプリメント

 

 

ドライマウスとサプリメント

ドライマウスの対策方法

ドライマウスと口臭対策

ドライマウスの原因

スポンサードリンク


トップへ戻る