ドライマウスによる口臭の対策にタブレットがおすすめ!

ドライマウスによる口臭の対策にタブレットがおすすめ! 
ドライマウスによる口臭の対策に色々な方法がありますが、その中でもオススメと言えるのがタブレットになると思います。

 

タブレットはある有効成分を固めたもので、錠剤という意味になりますが、飲んで使用するのではなくて、舐めて使用するものになります。

 

今は、その舐めて使用する口臭対策タブレットが多く出回るようになりました。

 

口の乾燥からくる臭い原因はハッキリとしているので、すぐに口の臭いを消したいということであれば、タブレットを使用することですぐに解決がされるはずです。

 

その臭い対策に飲んで使用するサプリメントにしてしまうと、解決からかなり遠回りになってしまいます。

 

どれも同じような内容でもなく、そのメーカーによって強みなども変わってきます。

 

どのようなタブレットがおすすめなのが、気になるところでもあると思います。

 

どうしてもタブレットが有効なのかその理由と、おすすめできる商品についてお伝えします。

 

 

ドライマウスによる口臭の対策にタブレットが効果的な理由

ドライマウスによる口臭の対策にタブレットが効果的な理由 
ドライマウスによる口臭の対策に、舐めて使用するタブレットが効果的な理由は、口の中の対策をするものだからです。

 

口の臭い原因は、大まかに分けると2つに分けることができます

 

虫歯、歯周病、舌の汚れ、ネバネバなどの口腔内での口の臭い原因と、臭いのある食べ物、胃腸や内蔵に元気がなくなることで体内から発生する臭い原因と、この2つに分かれます。

 

例えば、食べ物による口の臭い原因も2つあることになります。

 

食後に細菌が増えて口の臭い原因になるケースと、臭い食べ物によって臭いがでるケースと2つあります。

 

臭い食べ物の代表でいうとニンニクなどが分かりやすいと思いますが、たくさんニンニクを食べることで、口腔内からではなく体内から臭いが発生します。

 

臭い成分が消化され吸収されるときに、血液内に悪臭成分が混ざることで、それが肺に到達すると、吐き出す息が臭くなります。

 

これは口の中をいくら清潔にしてもケアをしても改善されない臭いになります。

 

この場合は、飲んで使用するようなサプリメントでないと、改善はできないということです。

 

胃腸内に元気がなくなることでも同じです。

 

胃腸の働きがストレスや加齢などで、元気がなくなることで、未消化になりやすく、そこから悪い発酵をすることで悪臭成分が作り出されます。

 

その悪臭が上記と同じようなルートを通ることで、吐き出す息が悪臭になります。

 

ですが、ドライマウスによる口臭原因の場合は、このようなことが原因ではありません。

 

口が乾燥しやすくなることで、細菌が口腔内に増えてしまいやすくなることが原因になります。

 

唾液には、細菌を減らすことができる抗菌と殺菌成分が含まれていますので、その殺菌と抗菌成分が減ることでの影響になります。

 

どの細菌が増えるかによってトラブルも様々です。

 

虫歯菌が増えると虫歯になりやすく、歯周病菌が増えると歯周病、舌を汚す菌が増えると舌苔になり、ネバネバ菌が増えることもあります。

 

そして口の臭い原因になる細菌が増えることで口臭に発展します。

 

ドライマウスによる口の臭いは、このように原因がハッキリとしていますので、飲んで使用するサプリメントではなくて、口腔内のケアが直接できるタブレットが効果を発揮するということです。

 

 

ドライマウスによる口臭の対策にタブレットを選ぶときの注意点

ドライマウスによる口臭の対策にタブレットを選ぶときの注意点 
ドライマウスによる口臭の対策にタブレットはおすすめできますが、どのメーカーの商品も抜群とは限りません。

 

そのメーカーによって強みが違います

 

口が乾燥することで安心して使用ががきるタブレットは、口の中の細菌を減らすことができるタブレットになります。

 

ただし薬品を使用していないものがおすすめです。

 

細菌が増えることで、臭いのトラブルになっているので、その細菌を減らすことができるものでないと意味がないことになります。

 

その細菌を減らすのに薬品が配合されたものもありますが、低刺激のものであればあまり問題はないと思いますが、強いものであればあまりおすすめすることができません。

 

口の中には細菌バランスが存在しているためです。

 

腸内の環境と同じく、悪玉菌、日和見菌、そしてそれらの細菌を抑えるための善玉菌が存在しています。

 

結論をいうと、口の中に必要な善玉菌は、薬品に弱い存在であるために、強い薬はおすすめすることができません。

 

薬での殺菌や抗菌は、全体の細菌数を口腔内から減らすことができますが、必要でもある善玉菌までも減少していきます。

 

一時的には効果があることになりますが、後々バランスがアンバランスになりやすくなります。

 

また、悪玉菌などは薬に対して耐性を持ちやすく、一度ある薬に負けたとしても、次からはその薬に負けないようにする耐性を持つことができます。

 

そのような細菌を耐性菌と呼んでいますが、そうなると悪玉菌や日和見菌が口腔内で常に優勢になってきます。

 

そのような細菌が常に口の中で優勢になっているということは、ケアをしてもすぐに歯周病などの病気にもなりやすく、そして口臭も発生しやすくなります。

 

そうならないためにも、細菌バランスを乱さないようなタブレットで、なおかつトラブル菌を減少させることができるものがおすすめになります。

 

良く分からない場合は下記のものを参考にして下さい。

 

おすすめ度としては1番ですが、使用するとすぐに口臭が消えることが分かります。

 

そして細菌バランスに影響を与えることがなく、安心して細菌を減少させることができます。

 

 

口臭タブレット

 

 

ドライマウスと口臭対策

ドライマウスによる舌苔の対策方法

ドライマウスによる歯周病対策

ドライマウスの対策方法

スポンサードリンク


トップへ戻る