ドライマウスによる口臭の原因と口の乾燥に優れた対策の方法

ドライマウスによる口臭の原因と口の乾燥に優れた対策の方法 
ドライマウスによる口臭の基本的な原因についてと対策についてです。

 

口が乾燥することで発生する口臭ですが、なぜ口の臭いが強くなるのか分からないために、適切なケアにならないケースがあります。

 

口の乾燥は高齢の人が多いのですが、高齢の人の場合は、重度のケースが多く、ただの乾燥ではなくて、ひどい乾燥である人が多くいます。

 

そのような重度の人もいますが、中年や若い人でも中程度の人や軽度の人も多く、そのような人も含めると人口は800万人と推定されています。

 

加齢により唾液の分泌量は誰でも減っていきますが、視力が人より早く低下する人がいるように、唾液の分泌も人より早く低下する人がいることになります。

 

その唾液の分泌量が人より早く低下することで、徐々に口臭が強くなってくることになります。

 

今回は、なぜ唾液が減ると口臭が強くなるのか、基本的な原因とおすすめの対策方法についてお伝えします。

 

関連 ドライマウスの口臭の対策!唾液の量を増やすのは効果的?

 

 

ドライマウスの影響で口臭が強くなるのは細菌が増えるため

ドライマウスの影響で口臭が強くなるのは細菌が増えるため 
ドライマウスの影響から口臭が強くなる原因は、口が乾燥することで細菌が増えてしまうためです。

 

口が乾燥するということは、唾液の分泌が悪いということになりますが、その唾液には、口臭の原因になる細菌を減らすことができる成分が含まれています。

 

唾液はただの水分ではなくて、細菌を減らすためのリゾチーム、ペルオキシターゼ、ラクトフェリン、ヒスタチン、分泌型IgA(SIgA)などが含まれています。

 

これらをまとめると抗菌や殺菌成分ということになります。

 

その抗菌や殺菌物質が口の中から減っていくために、細菌が増えやすい環境になってきます。

 

細菌といっても口の中にいるすべての細菌がトラブルになるのではなくて、口の中の細菌も3つに分類されます。

 

善玉菌、悪玉菌、日和見菌、と3種類です。

 

腸内と同じような細菌バランスが口腔内にも存在していて、唾液が減ることで、このバランスもアンバランスになってきます。

 

アンバランスになるということは、この3つの細菌の中で、悪玉菌や日和見菌が口の中で優勢になってきます。

 

細菌が優勢になるということは、細菌が増えていくということなので、その影響から口臭が発生するとうことです 
その細菌が優勢になるということは、細菌が増えていくということなので、その影響から口臭が発生するとうことです。

 

口の中には、その悪玉菌と日和見菌を減少させるための唾液の成分と、善玉菌の働きで、この2つで口の中の細菌バランスを調整しています。

 

唾液が減るということは、その細菌を調整するものが一つ欠ける事になるので、徐々に悪玉菌や日和見菌が優勢になってきます。

 

その細菌が口腔内全体に広がりますが、ある人はネバネバを強く感じたり、ある人は口臭を強く感じる人もいます。

 

舌苔という舌の汚れがひどくなる人、歯周病などになりやすくなる人もいます。

 

どの細菌が優先的に増加するかで、強く感じる項目、また起こりえるトラブルの内容は変わりますが、基本的に口の臭いは強くなります。

 

口の中の細菌は、種類にすると400種類以上になり、その働きや特徴も様々ですので、その人によって若干、強く感じるトラブル内容は変わってきます。

 

ドライマウスによる口臭の原因は悪玉菌や日和見菌の増加によるものと、いうことになります。

 

 

ドライマウスによる口臭の対策は細菌を減少させること!

ドライマウスによる口臭の対策は細菌を減少させること! 
ドライマウスによる口臭の対策は、細菌が増えることで原因になっているので、その細菌を減少させることと、細菌バランスを維持させることが対策方法になります。

 

そのためには、唾液の分泌を良くすることが一番の対策方法になりますが、1日で改善されるものではありません。

 

ドライマウスの対策については下記を参考にして下さい。

 

 

ドライマウスの対策と予防方法 

 

 

その唾液に頼らない対策方法となると、細菌を減らすためのケア商品が必然的に必要になってきます。

 

注意点としては、ただ単に細菌だけを減らす対策では、一時的に口臭は抑えられることになりますが、口の中に必要な善玉菌まで減らしてしまうことになるので、細菌バランスがアンバランスになりやすくなります。

 

そのため細菌を減らすことができる、強い薬品が配合されているものでの使用は、あまりおすすめすることが出来ません。

 

強い薬品は、細菌を減らす効果は高いことになりますが、悪玉菌などが薬に耐性を持ちやすく、繰り返し使用することで、その薬品が通じなくなることがあります。

 

薬に対して細菌が一度耐性をつけてしまうと、その薬は二度と効かなくなるからということが、薬品を避けた方がいい理由です。

 

おすすめの対策としては、唾液の成分と同じものが含まれている口臭ケアタブレットです。

 

全部のタブレットがそのような成分が配合されているわけではありませんが、配合されているものがあります。

 

下記にまとめてみましたので参考にしてみて下さい。

 

使用するとすぐに分かると思いますが、ドライマウスによる口の臭いはすぐに解決します。

 

細菌バランスを維持させ、臭い菌を効率よく減少させることができる優れものです。

 

口のネバネバ、口臭、歯周病、舌の汚れの対策が同時にできる内容になっています。

 

 

タブレット

 

 

ドライマウスと口臭対策

ドライマウスによる舌苔の対策方法

ドライマウスによる歯周病対策

ドライマウスの対策方法

スポンサードリンク


トップへ戻る