ドライマウスによる口臭の対策にビフィズス菌で改善できる?

ドライマウスの口臭の対策にビフィズス菌は役立つの?

ドライマウスの口臭の対策にビフィズス菌は役立つの? 
ドライマウスによる口臭にビフィズス菌は効果があるの?

 

ということでビフィズス菌と口臭についてですが、結論からいうとあることになります。

 

すでに実証済みということです。

 

ビフィズス菌というのは、善玉菌の仲間のことで、専門用語になるとグラム陽性の偏性嫌気性桿菌の一種ということになります。

 

増殖に酸素を必要としない生物の仲間のことで、細長い棒状のような形をした細菌がビフィズス菌ということになります。

 

人の腸内にたくさんいる細菌であることは有名だと思います。

 

働きは生息している場所の環境を整える働きをしていて、腸内であれば悪玉菌の増殖を防ぐ働きと、環境を整えるのに働いていることになります。

 

酢酸という、酢の酸味の主成分でもあるようなものを放出させるので、殺菌力があることになります。

 

酢酸の中では細菌は増殖ができないようになっています。

 

また、ビタミンB群を作ることでも知られています。

 

そんなビフィズス菌ですが、ドライマウスによる口臭にどのような働きをするのか、またオススメの商品もお伝えします。

 

 

ドライマウスによる口臭の対策!ビフィズス菌の働きとは?

ドライマウスによる口臭の対策!ビフィズス菌の働きとは? 
ドライマウスによる口臭に、ビフィズス菌がどのような働きをするかというと、細菌バランスの維持と、悪玉菌と日和見菌の減少の働きということになります。

 

口が乾燥すやすくなるということは、唾液の分泌が弱くなるということなので、口の中にいる細菌がバランスをくずしやすく、その影響からトラブル菌が増えやすくなってきます。

 

唾液は食物の消化などを助けるための成分も混ざっていますが、口腔内を整えるものも多く含まれています。

 

その中に細菌を減少させることができる物質も混ざっているために、唾液の分泌量が多い人は、口のトラブルになりづらいと言えます。

 

逆に減ることで口のトラブルになりやすくなります。

 

その影響からトラブル菌が優勢になりやすくなるので、口臭は発生しやすく、それと同時に舌の汚れやネバつきや歯周病などにもなりやすくもなります。

 

口内の細菌バランスがアンバランスになっている状態です。

 

しっかりと歯磨きをするなどのケアも大事ですが、細菌は歯やハグキだけに定着するわけではなく、口の粘膜や舌にも多く潜んでいます

 

そのトラブル菌を減らすことができる唾液の変わりになるのが善玉菌ということになります。

 

善玉菌は悪玉菌や日和見菌を減少させることができる唯一の細菌です。

 

どのような善玉菌が口の中にいるのかは、小さいときにすでに決まっていますが、中には虫歯にさせないBLISM18という特殊な善玉菌を持っている人もいます。

 

ちなみにニュージーランドの人にこのBLISM18という善玉菌を持っている人が多いことが分かっています。

 

どちらにしても唾液が減少することで細菌バランスがアンバランスになった状態は善玉菌が増加することで、優勢になることでバランスが整うようになっています。 
どちらにしても唾液が減少することで細菌バランスがアンバランスになった状態は善玉菌が増加することで、優勢になることでバランスが整うようになっています。

 

ビフィズス菌はその善玉菌を増やすのに役立つことになります。

 

善玉菌が増加するとうことは、口でトラブルを起こしている細菌を減少させることができるということです。

 

これは口腔内だけではなくて、腸内にいる細菌にも同じことが言えます。

 

悪玉菌や日和見菌は邪魔もののように思われがちですが、このような細菌がいることで善玉菌も耐性を持つことができると考えられています。

 

腸内にも悪玉菌がいなくなると、タンパク質などの分解が困難になってくるので、肉類などの消化が大変なことになってきます。

 

トラブル菌は必要だけど、優勢にしてはいけない、そのためバランスの維持が必要になってきます。

 

ビフィズス菌は人間に元からいる善玉菌を増加させることができるので、バランスの維持に役立つことになります。

 

善玉菌はとてもひ弱な一面を持っているために、細菌バランスをくずしやすくさせる細菌とも言えます。

 

 

ドライマウスによる口臭の対策!ビフィズス菌と乳酸菌の違い

ドライマウスによる口臭の対策!ビフィズス菌と乳酸菌の違い 
良くある疑問で、ビフィズス菌と乳酸菌はどっちが良いの?

 

というものですが、どちらでも良いことになります。

 

両方は、ともに善玉菌のことで、人に住み着いている善玉菌を増加させる働きに役立ちます。

 

どちらにしても外部から取得した善玉菌は、人には定着することがなく、最終的にすべて外に排出されてしまいます

 

死菌や生菌にもこだわる必要がなく、どちらとも役立つということです。

 

ただ、口腔内でビフィズス菌を役立たせようと思うと、ヨーグルトなどがすぐに思いつくと思いますが、ヨーグルトなどでは腸内で役立つことになりますけど、口腔内では全くといいませんが効果的なものを期待することができません。

 

ヨーグルトなどは消化されて、分解されてることで、初めて善玉菌に役立つことになります。

 

口の中ではあまり意味を持ちませんが腸内で役立つことになります。

 

ただ、ビフィズス菌を錠剤にして配合させることで、舐めて使用することで、効果が期待できることになります。

 

唾液に溶かすことで、口の中にいる善玉菌という細菌の多きと同じぐらいになり、また口の中に長く留めておくことができるので細菌バランスの維持とトラブル菌の減少に期待ができることになります。

 

死菌のビフィズス菌であれば、口の中にいる善玉菌の増加の役割をして、生菌であれば直接、トラブル菌の減少に期待ができることになります。

 

ビフィズス菌が配合されたおすすめの商品であれば、下記にまとめていますので参考にして下さい。

 

 

タブレット

 

 

ドライマウスと口臭対策

ドライマウスによる舌苔の対策方法

ドライマウスによる歯周病対策

ドライマウスの対策方法

スポンサードリンク


トップへ戻る