寝起きの口臭の原因と対策方法とドライマウスの影響について!

寝起きの口臭の原因と対策方法とドライマウスの影響について! 
寝起きの口臭の原因と対策の方法についてです。

 

寝起きの口臭が特にひどい、便のような臭いがする、お泊りデートができない、お出かけができないなど、色々なことで寝起きの口臭に困っている人がいます。

 

確かに日中はそうでもなくても、朝がそのような状態だと気持ちに余裕がなくなると思います。

 

女性でも男性でもあまり関係がなく、気になるのは女性の方ですが、男性でもこの寝起きの口の臭いに嫌気を指している人が多くいます。

 

そのようなこともあって、夜寝る前はしっかりと歯磨きをしている人も多く、それなのに朝になるとひどい臭いになるといいます。

 

やはり口の臭いが気になっている人は、それなりにケアをしている人が多く、またケアをしていないということは、気にしていないことでもあります。

 

朝に自分ではなくて、相手からそのような臭いを感じたときは、何もケアをしていないのではなくて、努力はしていることは、理解してもらいたいところでもあります。

 

「良くパパの朝の口の臭いが気になる」と、中年男性に多いようにも感じますが、自覚できない女性も多くいます。

 

今回はこの寝起きの口臭原因と解決方法についてお伝えします。

 

 

寝起きに口臭が強くなるのはドライマウスの影響によるもの?!

寝起きに口臭が強くなるのはドライマウスの影響によるもの?! 
寝起きに口臭が強くなる原因は2つあります。

 

1つが口が乾燥しやすいドライマスの影響によるもの、もつ1つが細菌バランスの影響によるもの、例外では、ただ単にケアが不足している、この2つの原因と、あまり考えられない例外の理由によるものです。

 

口のケアをあまりしていなければ、寝起きでなくても口臭が発生することは分かると思いますので、今回は詳しい内容は省きます。

 

自分なりにケアをしているの朝になると口の臭いが強くなるのは、細菌の影響になります。

 

寝ているときに、細菌が増えやすい環境が口の中にあるために、朝になると口臭が強くなります。

 

 

その1つの原因が、寝ているときに口が乾燥しやすいドライマウスになっているということです。

 

誰でも日中よりも寝ているときは、唾液の分泌は低下していきます。

 

その通常の唾液の分泌量の低下ではなくて、そこに輪をかけるように唾液量が低下していることが原因になります。

 

口が乾燥しやすいのは、寝ているときだけなのか、それとも日中でもそのうように感じているのか、その人によって変わりますが、唾液には細菌を減少させることができる成分が多く含まれています。

 

リゾチーム、ペルオキシターゼ、ラクトフェリン、ヒスタチンなど、細菌を減少させることができる殺菌と抗菌物質が含まれているために、唾液の分泌量が多い子供などは、あまり口臭になることがありません。

 

人間は老化していきますので、年齢とともに視力や筋力などが低下していくように、唾液の分泌量も低下していきます。

 

この唾液の量の老化が人より早いことで、唾液の量が減って、寝ているときに口が乾燥しやすく細菌が増えて口臭が発生しやすくなります。 
この唾液の量の老化が人より早いことで、唾液の量が減って、寝ているときに口が乾燥しやすく細菌が増えて口臭が発生しやすくなります。

 

口を乾燥しやすくさせる、その自然の老化と、もう1つ考えられるのは口呼吸の影響です。

 

口の筋力が低下している、花粉や鼻炎で鼻づまりをしている、肥満である、元から鼻の骨が曲がっているなどの理由で、鼻で呼吸をすることが苦しく、自然に口呼吸になっていることがあります。

 

口で呼吸をするということは、唾液の分泌量が通常であっても、すぐに口を乾燥させやすくなります。

 

そのようなことを繰り返していくことで、今度は口内の細菌バランスが変化してきます。

 

 

寝起きに口臭が強くなる原因の細菌バランスの影響と対策方法

寝起きに口臭が強くなる原因の細菌バランスの影響と対策方法 
細菌バランスというのは、腸内と同じく、口腔内には細菌バランスが存在していて、善玉菌、悪玉菌、日和見菌と細菌が分かれています。

 

口の中にいる細菌は約400種類以上と言われていますが、これを分けるとこのように3つに分けることができます。

 

「善玉」と字をみて分かるように、この善玉菌に関しては口の環境を守る細菌のことで、悪玉菌や日和見菌を減少させるのに役立つ細菌です。

 

口腔内にいる細菌すべてが、悪い細菌ではないということです。

 

口の臭いを強くさせるのは、悪玉菌、または日和見菌です。

 

悪玉菌でいうと、バクテロイデス、フゾバクテイウムなどの細菌が、特に強い臭いを発生させます。

 

舌などにも多く潜んでいる細菌です。

 

日和見菌というのは、どちらかというと良く知っていると思う虫歯菌や歯周病菌などのことをいいます。

 

これらの細菌も多くなることで臭いの原因にはなってきますが、悪玉菌の影響の方が大きいといえます。

 

唾液が減ることで、その悪さをする細菌が増えやすくなり、善玉菌が減少していき、悪さ菌が口の中で優勢になることでも口の臭いは強くなります。

 

悪い細菌が口の中で優勢になっていることでも、口のケアをしても口臭が発生しやすくなります。

 

悪い細菌が口の中で優勢になっていることでも、口のケアをしても口臭が発生しやすくなります。 
臭いの特徴も色々で、アンモニアのような臭い、玉ねぎのような臭い、血のような臭い、生ゴミのような臭いなど色々です。

 

どちらにしても細菌は、歯やハグキだけではなくて、口の粘膜や舌やその他にたくさんいることになります。

 

まとめると寝起きの口臭が強くなるのは、寝ているときに口が乾燥しやすい環境がある、または細菌バランスが悪さ菌で優勢になっている、このようなことから、夜寝る前にしっかりとケアをしても、または日中なども口臭が強くなります。

 

口臭の原因はたくさんありますが、今回の臭いについては、原因がハッキリとしているだけに解決もそんなに難しいものではありません。

 

細菌を減少させること、細菌バランスを整えること、この2つが対策方法になります。

 

歯磨きといいたいところですが、歯やハグキの細菌を減らすことは役立ちますが、口の中全体の細菌を減少させる、細菌バランスを整える、となると少し難しいものになってきます。

 

その2つの対策ができるタブレットがあるので、そちらの方を参考にして下さい。
タブレットなので舐めて使用するものになりますが、寝起きにすぐに使用してみると、すぐにどのようになるのか分かります。

 

口臭はすぐに消すことはできますが、細菌バランスを整えるとなると、少しだけ時間が必要になりますので、臭いがなくなってもすぐに使用をやめるのではなくて、毎日使用することをおすすめします。

 

 

タブレット

 

 

ドライマウスと口臭対策

ドライマウスによる舌苔の対策方法

ドライマウスによる歯周病対策

ドライマウスの対策方法

スポンサードリンク


トップへ戻る