ドライマウスによる口臭ケアにミンティアは効果がある?!

ドライマウスによる口臭ケアにミンティアは効果がある?! 
ドライマウスによる口臭ケアにミンティアで対策ができるの?

 

ということで、口臭とミンティアについてです。

 

ミンティアというのは、市販で販売されているお菓子のことで、コンビニやスーパーなどで気軽購入することができるものです。

 

メーカーがアサヒグループ食品で、元は化粧品などで有名なポーラ化粧品がメーカーでしたが、アサヒビールさんと合併して、そこの子会社として販売されるようになりました。

 

口の中で舐めて使用するタブレットで、フリスクなどと同じような系統のものです。

 

味もフルーツやミント系の風味などいくつか種類があり、舐めてみると爽快感を味わうことができるようになっています。

 

そんなミンティアですが、口臭ケアとして成り立つのか?

 

という疑問の答えをお伝えしたいと思います。

 

 

ドライマウスによる口臭ケアにミンティアでは対策できない?!

ドライマウスによる口臭ケアにミンティアでは対策できない?! 
ドライマウスによる口臭ケアにミンティアで対策できるのか?ということですが、結論からいうと、ちょっとだけできるのではないでしょうか

 

元から口臭ケアで販売されているものではなくて、清涼感を味わうことができりお菓子として販売されているものになります。

 

爽快感を感じることができるお菓子のタブレットなので、口の臭いをケアできるものが一切配合されていません。

 

ケアができるものが配合されていないということは、臭いのケアができないということになります。

 

ですが、ちょっとだけケアに役立つというのは、中に配合されているものが爽快感をだすためにミントが配合されていからです。

 

ミントは、知っての通りスーとするもので、ハーブとして料理などでも使用されてるものです。

 

ハーブなので香りを感じることができるようになっていますので、この香りがちょっとした口の臭いをごまかすのに役立つということです。

 

これはミントでなくても、ハーブと呼ばれるものであれば、同じ効果を得ることができます。

 

ただし、口の臭いを継続的にごまかすことができなく、成分が口の中でなくなれば終わり、ということになるので、もっても3分くらいの持続力ではないでしょうか。

 

アロマのように香りを常に放つことができないので、口腔内では一瞬の効果ということになります。

 

一瞬であっても口の臭いをごまかすことができるので、100%口臭ケアができない、とは言えない微妙な位置にいます。 
一瞬であっても口の臭いをごまかすことができるので、100%口臭ケアができない、とは言えない微妙な位置にいます。

 

気分を変えたり、ちょっとしたストレスを発散させるために、ハーブをたまたま使用してしまったために、結果的にちょっとだけ口の臭いケアができる、ということです。

 

フリスクもそうですが、口の中に入れて使用するものなので、口臭の対策に良さそうなイメージを持ってしまいます。

 

そのイメージと、対策ができると思っている人がいるために、それが独り歩きしたような感じでしょうか。

 

ガムなどもちょっとした口臭ケアになりますが、商品としては口臭ケアができる成分が配合されてません

 

ですが、ガムを噛むことで唾液の分泌量が上がるので、その間だけはちょっとした口臭ケアができるということです。

 

ただし、ガムの場合は、虫歯になりづらい甘みでもあるキシリトールなどが配合されているので、虫歯の予防はできませんが、他のガムから比べると、虫歯になるリスクなどを下げることができます。

 

アメなども同じことが言えます。

 

ドライマウスなどによる口臭は別な対策が必要になります。

 

 

ドライマウスによる口臭の対策は細菌を減少させること!

ドライマウスによる口臭の対策は細菌を減少させること! 
ドライマウスによる口臭の対策は口腔内いる細菌を減少させないと、対策ができたことになりません。

 

口が乾燥しやすいと言うことは、唾液が減っているために口が乾燥しやすくなるので、そのため細菌を減少させることができる成分を失うことになります。

 

唾液の水分が、細菌を減少させるのではなくて、唾液に含まれる物質が細菌を減少させることができるようになっています。

 

そのため唾液が減るということは、その細菌を減らすことができる物質までも減ってしまうことになるので、細菌が増加しやすい環境を作りやすくさせます。

 

その細菌が口の粘膜や歯やハグキ、舌などに付着して増加していくようになります。

 

細菌が増加していき、その過程で臭い成分を放出するようになります。

 

その臭いが口臭の原因になってきます。

 

口が乾燥していなくても、口のケアをあまりしていなければ、細菌は増加していきますので、同じように口臭は発生するようになります。

 

ドライマウスの場合はなおさら細菌が増えやすいということです

 

この口の臭い原因になる細菌を減少させるには、香りの成分ではびくともしないので、何も変化を与えることができません。 
この口の臭い原因になる細菌を減少させるには、香りの成分ではびくともしないので、何も変化を与えることができません。

 

細菌を減少させることができる成分が必要になってきます。

 

そのための方法はいくつかありますが、薬などの薬品が使用されたもは注意が必要です。

 

口の中には口臭の原因になるだけの細菌がいるわけでもなく、口の環境を良くさせる細菌もいます。

 

その口の環境を良くさせる細菌までも減らしてしまっては、後々細菌バランスが崩れることになるので、そうなってしまうと口の中が不健康になりやすいといえます。

 

そのような副作用的な作用はありますが、一時的に細菌を全体的に減らすことができるのですが、一時的ということになってしまします。

 

そのように、副作用的に細菌を減少させることがなく、安心して解決できるものはあります。

 

ミンティアではありませんが、同じくタブレットになっているもので、舐めて使用するものになっています。

 

お菓子ではなく、本格的に口臭ケアができるものになっています。

 

 

タブレット

 

 

ドライマウスと口臭対策

ドライマウスによる舌苔の対策方法

ドライマウスによる歯周病対策

ドライマウスの対策方法

スポンサードリンク


トップへ戻る