子供の口臭とドライマウスの関係!解決の方法について

子供の口臭とドライマウスの関係!解決の方法について 
子供の口臭とドライマウスの関係についてです。

 

「最近、うちの子供から口臭がする」このような親御さんが増えてきました。

 

今まで何でもなかったのにある日、突然のように感じるようで、虫歯治療もしているし、歯周病もないのに口から臭いがするので、色々試してみたけどあまり改善されない。

 

または魚のような臭いがする、酸っぱいに臭いがするなど、臭いの種類も様々ですが、小学生から中学生にかけて増えているようです。

 

共通してくるのは、歯科にいっても問題がなく、どうすれば良いのか分からない、という内容のものです。

 

中には、それを同級生に指摘された子供もいるということで、親としては気になるところだと思います。

 

口臭もそうですが、臭いの部類で体臭やワキガ、加齢臭についても病気でないことがほとんどです。

 

病気として認められていないといった方が分かりやすいかもしれません。

 

どのような理由で子供の口が臭うのか、その原因と対策方法についてお伝えします。

 

 

子供の口臭の原因になるドライマスとの関係について!

子供の口臭の原因になるドライマスとの関係について! 
子供の口臭の原因になっているのは、口の細菌が影響している可能性が高いといえます。

 

ドライマスという口が乾燥しやすい状況を作っていることでの影響です。

 

口臭の原因は大きく2種類に分類されて口腔内、そして体内、この2つの口の臭い原因に分かれます。

 

口腔内の原因でいうと、歯周病、舌の汚れ、細菌バランスの影響、臭い玉ということになります。

 

虫歯も臭いの原因にならないわけではありませんが、相当ひどくならないと臭いとして感じづらいものになります。

 

そうなる前に痛みが先にきますがので、可能性としてはかなり低いことになりますから虫歯については除いています。

 

その口腔内と体内というのは、主に消化器系が病気ではなくて、加齢や元気をなくしたような状態での原因です。

 

内臓からの口臭原因は中高年に多く子供には当てはまらないことがほとんどである。 
中高年に多い口臭原因で、ストレスや暴飲暴食など、体内に負担を与えることで100%の働きができていなく、臭いが処理されないために起こり得る口臭のことです。

 

例えでいうと、視力が落ちた、体力が低下した、皮膚にハリがないなど、同じようなイメージです。

 

人によってどこか先に早く老化してしまうかは違いますが、それぞれの部位が元気をなくしていくことで口臭の原因になります。

 

良く胃を疑う人が多いですが、確かに胃に元気をなくすと、口の臭い原因になります。

 

胃に元気がなくなると、未消化になるものが増えて、そこから悪い発酵が始まり、悪臭を発生させ、それが血液内に吸収されることで、二酸化炭素と一緒に悪臭が吐き出されるので口臭を感じます。

 

胃に元気をなくしているような状態です。

 

子供は大人違い成長期であるために老化などの影響で口臭原因いなることは考えずらい。 
これを子供に当てはめてみると、可能性がないわけではありませんが、大人から比べると成長期でもあり、成長に向かって活発に働いていることが予測することができるので、可能性としては低くなります。

 

人間は20才を境にあらゆるところが老化していきますが、その前は成長期になるので、あらゆるところが活発に働いています。

 

そのような観点から見ていくと、原因は口腔内の方が高くなってきます。

 

また、そのような子供が多いから、というのも理由の一つになりますが、原因として考えれるのは、細菌バランス、または臭い玉に絞られるはずです。

 

臭い玉については、分かりやすいのですぐに解決させることができますが、細菌バランスについては、目で確認することができないので、分かりづらいものにさせます。

 

 

子供の口臭の原因になる口腔内と対策の方法について!

子供の口臭の原因になる口腔内と対策の方法について! 
子供の口臭の原因で多いのが細菌バランスの乱れ、と予測することができますが「バランスの乱れ」というのは、善玉菌、悪玉菌、日和見菌の乱れのことです。

 

口には大きく分けると、この3つの細菌に分類することができて、善玉菌とういのは、口の健康を維持させる細菌、悪玉菌というのは口臭の原因になる、臭い菌のことです。

 

日和見菌というのは虫歯や歯周病などにさせる口の病原菌のことをいいます。

 

色々な種類の細菌が口の中にいて、その種類は400種類以上にもなります。

 

数にすると平均5000億個と言われていますので、数多くの細菌が口腔内にいることが分かります。

 

この3つの細菌が日々、勢力争いを口の中でしていることになります。

 

その3種類の細菌のバランスが乱れるときは、口の中に細菌を減らすものが減少したときになります。

 

それが唾液になります。

 

唾液には細菌を減少させることができるラクトフェリンやリゾチームという細菌を減少させることができる物質が含まれています。 
唾液には細菌を減少させることができるラクトフェリンやリゾチームという細菌を減少させることができる物質が含まれています。

 

その唾液が減少していくことで、悪さをする細菌が優勢になっていき、口のトラブルを起こしやすくさせます。

 

唾液が減少する原因で子供に多いのが口呼吸によるものです。

 

鼻炎やアレルギー性鼻炎、鼻の骨が曲がっているために鼻の気道が狭い、または何らかの理由で、口で呼吸をするようになっている、そのような理由から口で呼吸をするようになって、唾液をすぐに蒸発させてしまいます。

 

悪さをする細菌を減少させる唾液が減ることで、細菌が増殖しやすくなりバランスが乱れ、口臭が発生するとうことです。

 

その状態を確認することができます。

 

子供の口の臭いが気になったときに、唾液を指につけて取って、肌のどこでもいいのでこすって乾燥させることで、その乾燥させた場所の臭いを確認すると、どのくらいの悪臭菌がいるのか分かります。

 

注意点は、誰でも悪玉菌は持っていますので、多少は臭いがするものですが、ひどい悪臭を感じるようであれば、悪さ菌が口の中で優勢になっているということです。

 

もしあまり臭いがないのであれば、臭い玉というものが考えられます。

 

 

臭い玉というのは、扁桃腺当たりにできる白い玉のような形で、のど当たりを見てみることで目で確認することができます。

 

よそから侵入してきた細菌と、扁桃腺に集まっている免疫が戦った後の細菌の残骸になります。

 

もしあるようであれば、保険が適用で痛さもなく、耳鼻科で簡単に取ってもらうことができます。

 

細菌バランスの乱れの対策は、口呼吸をしているようであれば、強制はしないようになるべく、口で呼吸をするように伝えて下さい。

 

そしてすぐに解決する方法としてはタブレットがおすすめです。

 

タブレットもたくさんの種類がありますが、下記にまとめているものが子供におすすめです。

 

細菌バランスを整えて、悪さ菌をすぐに減少させることができますので、その日のうちに口臭はなくなります。

 

 

口臭タブレット

スポンサードリンク


トップへ戻る