ドライマウスによる口臭に緑茶が逆効果の対策になるのは本当?

ドライマウスによる口臭に緑茶が逆効果の対策になるのは本当? 
ドライマウスによる口臭に緑茶は効果があるの

 

ということですが、結論からいうと口の乾燥による口の臭いには、逆効果の対策になるのではないでしょうか。

 

緑茶というと日本を代表する日本茶ということで、他の国から比べると日本人にとっては、とても馴染みのあるお茶です。

 

コンビニなどでも気軽に購入することができます。

 

飲んだことがない人は、いないと思いますが、独特の風味と美味しさがあります。

 

外国人にも流行りだしているとか?

 

健康にも良いイメージがありますけど、結論からいうと緑茶は、口の乾燥以外であれば口臭の対策に有効になります。

 

口の乾燥以外というと、分かりづらいものにさせてしまいますが、どのようなことかお伝えします。

 

 

ドライマウスの口臭に緑茶は逆効果の対策になる理由とは?

ドライマウスの口臭に緑茶は逆効果の対策になる理由とは? 
ドライマウスによる口臭に緑茶が逆効果の対策にある理由は、カフェインが含まれているためです。

 

カフェインというと、コーヒーの中の成分としてお馴染みですが、緑茶にもこのカフェインが含まれています。

 

カフェイン自体は体に害を与えるものではありませんが、ドライマウスの人には逆効果になりやすいとうことです。

 

カフェインは痛み止めに使用される鎮痛薬などにも利用されているもので、中枢神経系を刺激する働きがあります。

 

神経にも色々ありますが、要するに神経に作用する働きがあることになります。

 

ドライマウスというのは、唾液の分泌量が少なくなっている状態のことで、その唾液の分泌を左右させているのが自律神経という神経になります。

 

この神経に何らかの刺激や働きがあることで、唾液の量が減ったり増えたりします。

 

身近なものではストレスなどもそうです。

 

緊張というストレスなどを感じると、口の中が一時的に乾燥したことがる人は多いと思います。 
緊張というストレスなどを感じると、口の中が一時的に乾燥したことがる人は多いと思います。

 

この緊張というストレスが自律神経に作用して唾液の分泌を弱くさせるためです。

 

緊張から開放されると唾液の量は通常に戻りますが、このように外部からの刺激で唾液の量が減ることがあります。

 

カフェインは、自律神経に刺激になる物質になるので、口を乾燥させやすくさせるということです。

 

すでに口が乾燥しやすい人で、その経験をしたことがある人は多いのではないでしょうか。

 

繰り返しますが、カフェイン自体は体に害を与えるものではありませんが、ドライマウスの人には、さらに口の乾燥を助長させることになるので、口臭もさらに強くなる原因になってしまいます。

 

自律神経失調症などの人にも、あまりおすすめできるものではありません。

 

ただし、口の乾燥を感じていない人であれば、緑茶は口の臭いに効果があることになります。

 

口臭の種類によって効果があることになります。

 

 

ドライマウス以外の人の口臭対策に緑茶が効果的になる理由は?

ドライマウス以外の人の口臭対策に緑茶が効果的になる理由は? 
ドライマウスよる口臭ではなくて、それ以外の口臭原因であれば緑茶は口の臭いの対策になります。

 

元から緑茶は、臭いを消すことができる消臭作用があることで知られています。

 

多くの口臭サプリメントなどにも当たり前のように配合され、幅広く利用されています。

 

口が乾燥すると口の臭いが強くなるのは、細菌の影響によるもので、その細菌を減少させることができる唾液が減ってしまうために口臭が強くなります。

 

口腔内のトラブルでは、それ以外に舌の汚れである舌苔や口内炎、また歯周病なども唾液が減ることで、細菌が増えやすい環境を作るために、口のトラブルが多くなってきます。

 

そのような口臭原因もあれば、それ以外の口の臭い原因もあることになります。

 

それ以外というのは、内臓系からの口臭原因で、胃腸の働き、肝臓や腎臓などの働きが弱くなることでの口の臭い原因のことをいいます。

 

この臭いは口の中ではなくて、体内で発生させた臭いが血液内に溶け込み、それが肺を通して臭いがでていることになります。

 

ニンニクをたくさん食べたときの口の臭い原因と同じことです。ニンニクをたくさん食べて、それが体内でさらに強い悪臭に変化して、その悪臭成分が血液内に溶け込み、肺を通して臭いが出ていることになります。 
ニンニクをたくさん食べたときの口の臭い原因と同じことです。ニンニクをたくさん食べて、それが体内でさらに強い悪臭に変化して、その悪臭成分が血液内に溶け込み、肺を通して臭いが出ていることになります。

 

この臭いについての口の臭いには、緑茶は効果的になります。

 

緑茶の持つ消臭効果で、体内で発生させた臭いを抑える働きがあります。

 

口の臭い原因は、このようにドライマウスによる口腔内で細菌が増えて発生する臭いもあれば、体内で発生する臭いもあることになります。

 

まとめると、口の乾燥しやすい人が緑茶を飲むと、さらに口を乾燥させやすく、口の中の細菌が増えるために逆効果になりますが、体内で発生した臭いについては効果的とうことです。

 

緑茶の持つ働きの「消臭」とことにだけ注目をしていまうと、思ったような効果を得られないことになります。

 

口の乾燥による口の臭いには、細菌を減少させることが最大の対策になりますので、対策するものは変わります。

 

飲み物で対策できるもの見当たりませんが、専用のタブレットを使用することで対策をすぐにすることができます。

 

 

タブレット

 

 

ドライマウスと口臭対策

ドライマウスによる舌苔の対策方法

ドライマウスによる歯周病対策

ドライマウスの対策方法

スポンサードリンク


トップへ戻る