ドライマウスによる口臭の対策にプロポリスが絶大な効果を発揮

ドライマウスによる口臭の対策にプロポリスが絶大な効果を発揮 
ドライマウスによる口臭とプロポリスの効果についてです。

 

プロポリスというのは、ミツバチが木の樹液を採取して、そこからミツバチがさらに加工して作った、またはハチヤにと呼ばれる樹液のことで、ミツバチはそのプロポリスを巣の外壁の隙間や補強材に使用して利用しているものです。

 

当時はその巣の補強材のように思われていましたが、実はそれだけの事でないことが後に分かり注目を集めるようになります。

 

健康に良い成分だということが分かりました。

 

そのような経緯から健康に関係するサプリメントや歯磨き粉などにも幅広く利用されているものです。

 

原液の味は、とても苦いもので、そのまま飲むにはちょっと一苦労するような味です。

 

甘さを加えることで飲みやすくさせることができます。

 

そんなプロポリスですが、ドライマウスによる口臭にどのような対策になるのか、特徴と働きについてお伝えします。

 

 

ドライマウスの口臭の対策にプロポリスが効果的な理由は殺菌力!

ドライマウスの口臭の対策にプロポリスが効果的な理由は殺菌力! 
ドライマウスによる口臭の対策にプロポリスが効果的なのは、この物質自体が殺菌力に長けているためです。

 

ドライマウスは口が乾燥することをいいますが、その原因となるのが唾液の分泌量の低下です。

 

唾液には口の中にいる細菌を減らすことができる、殺菌力のある物質が含まれていますが、それが減ることで口腔内の細菌が増え、口臭が発生しやすくなります。

 

その細菌の減少にプロポリスの持つ殺菌力が役立つとうことです。

 

天然の抗生物質と呼ばれるほどで薬の抗生物質に匹敵するぐらいの働きがあることからそのように呼ばれてもいます。

 

食中毒などで知られる黄色ブドウ球菌などにも、抗生物質のペニシリンよりも強い殺菌力を持っているという研究が報告されています。

 

また、胃腸や胃ガンの原因になるピロリ菌を殺菌することが分かっています。

 

一番分かりやすいのは、古代エジプトのミイラの防腐剤として使用されていたもので、腐敗して骨だけにさせないで人間の形として残すだけの力があるということです。 
一番分かりやすいのは、古代エジプトのミイラの防腐剤として使用されていたもので、腐敗して骨だけにさせないで人間の形として残すだけの力があるということです。

 

プロポリスは人を何千年も腐敗させないだけの殺菌力があるということです。

 

ミツバチはその特性を活用して、巣に侵入してきた昆虫がそこで死んでしまった場合、腐敗させないようにプロポリスをたくさん塗って腐敗を防ぐことが分かっています。

 

プロポリスは薬のように人工的に作られたものではなくて、ミツバチと木の樹液などの自然から作りだれた物質なので副作用がないことになります。

 

そのため天然の抗生物質と呼ばれています。

 

ミツバチが作りますので、食品のはちみつなどにアレルギーがある人は注意が必要ですが、薬のような副作用がない殺菌力のある物質になります。

 

 

ドライマウスの口臭の対策にプロポリスの殺菌力は安心ができる?

ドライマウスの口臭の対策にプロポリスの殺菌力は安心ができる? 
プロポリスがドライマウスによる口臭の対策に安心できるのは、薬のような副作用がない殺菌力ということになりますが、副作用というのはある目的以外の働きがあったことをいいます。

 

例えば風邪薬を飲んで、熱は下がったけどすぐに眠くなる、また薬によって吐き気やだるさ、頭痛など、目的以外の症状が現れたことを副作用と呼んでいます。

 

薬には少なからずこの副作用がつきまといます。

 

口が乾燥しやすいドライマウスになると、口の中にいる細菌が増えて口臭が発生しますが、その細菌を薬で減らすことは可能です。

 

ただし、細菌を減らすことができますが、口腔内にいる必要もである善玉菌なども減らすことになってしまいます。

 

善玉菌が口の中から減ってしまうことで、口の中の細菌バランスがアンバランスな状態になり、後々口のトラブルを引き起こしやすくさせてしまいます。

 

腸内細菌と同じことで、口の中にも善玉菌、悪玉菌、日和見菌という細菌がいます。

 

薬はこれらの細菌すべてを除去させることができますが、すべて除去させてしまうことが薬の副作用になります。

 

プロポリスの場合は、この善玉菌には何も影響を与えず、口臭の原因となるような細菌や歯周病などの病原菌のみを除去させることができるので、副作用がない殺菌力になります。

 

プロポリスがこのような働きになるのには、樹液に秘密があります。

 

樹液というのは植物にキズがついたときに出す液体のことで、その物質に殺菌力や抗菌作用があるために、木にキズがついたても腐食させないようになっています。 
樹液というのは植物にキズがついたときに出す液体のことで、その物質に殺菌力や抗菌作用があるために、木にキズがついたても腐食させないようになっています。

 

カブトムシなどが好む液体でもありますが、その周辺の木の場所は必ずキズが見つかります。

 

森林に入ると、森林の香りを感じることができると思いますが、その森林の香りの元にもなっている物質です。

 

その香りは人にとって癒やしを与えることが確認されています。

 

正確にはテルペノイドというもので、植物の葉などにわざとキズをつけることで、その周りの細菌が死滅したことから発見されました。

 

樹液には元から細菌を減らすための殺菌力や抗菌力があるとうことです。

 

それをさらにミツバチの唾液の酵素により、さらに強化されたものがプロポリスになります。

 

ミツバチが自然の樹液との融合することで生まれた価値のあるものになります。

 

その強力なプロポリスをタブレットに配合させることで、商品化したものがあります。

 

プロポリス以外にもドライマウスによる口臭の対策に役立つものが豊富に使用されているもので、使用すると分かりますが、口の臭いはすぐに消すことができます。

 

これ以上の対策できるものはないでのはないでしょうか。というタブレットです。

 

 

タブレット

 

 

ドライマウスと口臭対策

ドライマウスによる舌苔の対策方法

ドライマウスによる歯周病対策

ドライマウスの対策方法

スポンサードリンク


トップへ戻る