ドライマウスで口臭の原因になる理由とすぐに改善する方法!

ドライマウスで口臭の原因になる理由とすぐに解決する方法!

ドライマウスで口臭の原因になる理由とすぐに解決する方法! 
ドライマウスでどうして口臭の原因になるの?どのように対策するの?

 

ということでドライマウスと口臭の原因についてです。

 

ドライマウスというのは唾液の分泌量が減って、口が乾燥する症状のことをいいます。
その人によって乾燥する強さも違います。

 

やや乾燥気味である、それよりも強い乾燥、明らかに乾燥している、大体この3つぐらいの強さのレベルに分けることができます。

 

口の乾燥の強さに関係なく、口が乾燥しやすい状態の全体的なことを言いますが、そのハッキリとした基準になる境界線があります。

 

その基準が唾液の分泌量で、チューインガムを10分噛んで唾液の量を測定したり、ワタを口につめて、そのワタに含まれた唾液の量を測定することでも分かります。

 

基準値は10ml/10minで、これ以下であれば、はっきりとしたドライマウスということになります。

 

正式には口腔乾燥症といいます。

 

どちらにしても唾液の量に関係なく、口が乾燥しやすい状態のことをいいますが、その影響から口臭が発生するようになります。

 

基本的にどのようなことが口の乾燥の原因になって、口臭が発生するのかお伝えします。

 

また対策方法についても参考にして下さい。

 

 

ドライマウスで口臭の原因になるのは細菌が増加するため!

ドライマウスで口臭の原因になるのは細菌が増加するため! 
口が乾燥しやすくなることで口臭が発生する原因は、細菌が増加してしまうためです。
口の中に細菌がいることは誰でもイメージできると思いますが、その細菌の影響で虫歯や歯周病、また口内炎などを経験したことがある人は多いと思います。

 

目視でその細菌を確認することができませんが、口の中にはその細菌以外にたくさんの数の細菌が口腔内全体にいることになります。

 

細菌の種類にすると400種類以上の細菌で、数にすると5000億ぐらいの数になると予測されています。

 

ケアの仕方や時間帯でも細菌数は変わりますが、非常に多くの菌が口の中にいることが分かります。

 

細菌は増殖させる、ということしかできませんので、そのまま放置してしまうと増えていく一方になるので、細菌を減少させるものが必要になってきます。

 

歯磨きもその一つの方法と言えますが、人間は元から口の中にいる細菌を減らすことができる働きを持っています。

 

それが唾液になります。

 

唾液はただの水分のように見えてしまいますが、ただの水分ではなくて、口の環境を守るためのものや細菌を減らすことができる物質が多く含まれています。 
唾液はただの水分のように見えてしまいますが、ただの水分ではなくて、口の環境を守るためのものや細菌を減らすことができる物質が多く含まれています。

 

また、消化に必要なものも含まれています。

 

唾液の分泌が減ってしまうということは、細菌を減らすことができなくなってくるので、細菌にとっては良い環境が得られたことになります。

 

それをいいことに、口全体に細菌数が増えるので、口臭が強くなってきます。

 

また舌苔が多くなる人や、口がネバネバした状態になる人も多くなります。

 

唾液が減る、細菌が増える、口臭、舌苔、ネバネバが増えるという流れです。

 

 

ドライマウスの原因と口臭をすぐにでも対策する方法は?

ドライマウスの原因と口臭をすぐにでも対策する方法は? 
ドライマウスは、誰でもというとおかしな話しですが、加齢で誰でも唾液の分泌が悪くなってきます。

 

人は20歳を境に老化していきますので、様々な体の場所が衰えていくことになります。

 

先に視力が早くに衰える人もいれば、先に体力が衰える人、食欲が落ちる人、そして唾液の分泌が早くに弱くなる人など、早くに老化する場所は、その人によって異なってきます。

 

体にある体液自体が老化で減っていくために、高齢になるほどドライマウスになるリスクが上がることになります。

 

その自然の加齢に加え、口呼吸、ホルモンの影響、ストレス、食生活、生活環境、アルコール、薬、病気などが複合的になることで、口の乾燥を加速させることにもなります。

 

ドライマウスの原因について詳しいことは下記を参考にして下さい。

 

口の中が渇くドライマウスの原因 

 

 

ドライマウスは女性に多い症状ですが、今では男性でも増えてきています。

 

共通してくるのは、全体的に口をあまり使わなくなったことが原因としても考えられています。

 

口は元々消化器官として発達してきましたが、あまり使用しなければ退化していき、良く使用するところは進化するようになっています。 
ふわふわ、トロトロなど、パンやめん、そのようなものを口にする機会が多くなったことも影響として考えられます。

 

口は元々消化器官として発達してきましたが、あまり使用しなければ退化していき、良く使用するところは進化するようになっています。

 

そうなるには長い期間が必要になりますが、早食いの人は少し注意が必要です。

 

ドライマウスの原因はそれだけではありませんが、そのような小さな原因が重なることで大きなものに変化していきます。

 

その影響から口臭が発生する、舌苔が多くなる、ネバネバがある、これらをすぐに対策したいとうことであれば優秀なタブレットがおすすめです。

 

タブレットというのは口の中で舐めて使用するもので、いくつか種類がありますが、おすすめできるものをいくつか下記にまとめています。

 

即効性がありますので、使用したその日に解決ができるはずです。

 

特徴が分かるようにしましたので参考にしてみて下さい。

 

 

タブレット

 

 

ドライマウスと口臭対策

ドライマウスによる舌苔の対策方法

ドライマウスによる歯周病対策

ドライマウスの対策方法

スポンサードリンク


トップへ戻る