ドライマウスの口臭はストレスも対策することが重要な理由は?

ドライマウスの口臭はストレスも対策することが重要な理由は? 
ドライマウスによる口臭の対策とストレスについてです。

 

口の乾燥から口臭を発生させないようにする一つの方法として、ストレスも対策することが重要なことになります。

 

ストレスは毎日のように誰でも何らかの影響を受けていますが、それが溜まってしまうことで口の乾燥をひどくさせ、口の臭いが強くなる原因にもなります。

 

根本的な口の臭いの対策としては、やはりストレスを溜めないことも重要になってきます。

 

ドライマウスは色々な原因がありますが、せっかくプラスのことをしていても、マイナスの方が大きくなってしまうとプラスの方が弱くなってしまいます

 

良い対策を無駄にしないためにも、マイナスのことをいかに小さくするかが重要です。

 

そのマイナスの要因にストレスがありますが、どのような理由でストレスが関係して、口臭が発生するのか、原因と対策についてお伝えします。

 

 

ドライマウスによる口臭の対策にストレスがなぜ重要なの?

ドライマウスによる口臭の対策にストレスがなぜ重要なの? 
ドライマウスによる口臭の対策にストレスがなぜ重要かといと、ドライマウスの原因の一つにストレスが影響していることも多いためです。

 

何かの大舞台や、自分が緊張する場面に出くわすと口が著しく乾燥したことがある人は多いと思います。

 

緊張とはストレスのことになるので、ストレスを受けると自律神経がそれに絶えるために体の働きを変えようとします。

 

副腎皮質という場所からコルチゾールというストレスと戦うためのホルモンが分泌されます。

 

その影響から血圧が上昇し血糖値を高め、興奮させる交感神経を活性化します。

 

交感神経が優位になると、瞳孔が開き、呼吸や脈拍も早くなり、全身の筋肉は緊張状態になります。

 

緊張するとドキドキすると思いますが、交感神経が優位になっている証拠です。

 

唾液の分泌は自律神経の働きでコントロールされていますので、ここが乱れることで唾液の量が減ってくることになります。

 

自律神経は交感神経と副交感神経に分かれますが、分かりやすくするとアクセルとブレーキの役割をしています。

 

この唾液の分泌をコントロールしているアクセルとブレーキのバランスが乱れることで、唾液の量が増えたり減ったりします。 
この唾液の分泌をコントロールしているアクセルとブレーキのバランスが乱れることで、唾液の量が増えたり減ったりします。

 

ストレスはこのアクセルとブレーキのコントロールを乱すことが多いために、ドライマウスによる口臭を対策するにも重要なことになります。

 

一時的なことであれば、例え自律神経が乱れてもすぐに元に戻りますが、毎日のように強いストレスを受けることで、戻りが悪くなってきます。

 

風船を指で押すとへこみ、指を離すと元の風船の形に戻りますが、指を離しても元に戻りづらくなっている状態が、モヤモヤが溜まっている状態です。

 

そのへこみをそのままにしておくことで、体に悪影響を与えやすくさせます。

 

食欲が戻らない、寝れないや、ひどくなると胃を悪くしてしまい、中には精神的なことにダメージを深く与えることがあります。

 

そのような病気などから、薬を使用することになりますが、その薬の副作用でもドライマウスを悪化させることがあるので、ストレスを溜めることは唾液の分泌に二重にダメージを与えることになります。

 

口の乾燥がひどくなるほど、細菌が口の中で増えやすくなるので、その増えた分、口の臭いが強くなってきます。

 

 

ドライマウスと口臭の原因になるストレスを対策する方法は?

ドライマウスと口臭の原因になるストレスを対策する方法は? 
ドライマウスと口臭の原因になるストレスを対策するには、交感神経を解除させる対策が必要になります。

 

交感神経が優位になっていることで、攻撃的になり、また寝れないや食欲などが落ちてきます。

 

交感神経を解除させるためには、副交感神経を優位にすることで解除されるようになります。

 

その一つの方法が入浴です。

 

入浴をすることで、高まった交感神経を解除させやすく、副交感神経が優位になりやすいので、ストレスを解消するにはおすすめです。

 

ただし注意点もありますので、詳しいことは下記を参考にして下さい。

 

唾液の量を増やすのに入浴も効果的!ドライマスの対策になる 

 

 

そして腹式呼吸もおすすめです。

 

腹式呼吸というのは、お腹で呼吸をすることをいいますが、鼻からゆっくりと息を吸って、お腹に息を溜め込むようなイメージで吸い込みます。

 

そこからゆっくりと息をお腹から吐き出すことをします。

 

この繰り返しを10回ぐらいしただけでも、かなりの確率で高まった交感神経を落ち着かせることができます。

 

下記の動画を見ながらするとすぐにできると思います。

 

 

普段からそのような対策をすることで、かなりの確率でストレスを溜めないようにできるはずです。

 

ドライマウスの原因を一つ消したことにもなります。

 

口臭の対策についてはタブレットを使用することですぐに解決させることができます。

 

下記の方にいくつかまとめていますので参考にして下さい。

 

ストレスの対策をしながら口の臭い対策をすることで、多きなプラスになるので改善が早くなります。

 

 

タブレット

 

 

ドライマウスと口臭対策

ドライマウスによる舌苔の対策方法

ドライマウスによる歯周病対策

ドライマウスの対策方法

スポンサードリンク


トップへ戻る