ドライマウスと口臭の対策!会話をすると口が乾燥する理由

ドライマウスと口臭の対策!会話で口が乾燥する理由と原因

ドライマウスと口臭の対策!会話で口が乾燥する理由と原因 
ドライマウスなのか、それとも他のことが原因で口臭が発生するのか分からない、という人のための原因と対策の方法についてです。

 

普段は何でもないように感じているけど、人と会話をしたりすると口が乾燥しやすくなって、口臭が発生してしまうとうものです。

 

これはドライマウスなのか、それとも何が原因で口の臭いが強くなるのか分からない、という女性の声です。

 

口の臭いが気になりだしてから、口のケアはしっかりしていて、舌ブラシなどを使用して、念入りに舌をキレイにしたり、歯磨きも丁寧にしているということです。

 

虫歯も歯周病もなく、また病院で診てもらってもドライマウスではないと言われたそうです。

 

どうして良いのか分からないということで、何が原因になって、どのように対策をすれば良いのかお伝えします。

 

 

ドライマウスと口臭の対策!会話をすると口が渇くのは自律神経!

ドライマウスと口臭の対策!会話をすると口が渇くのは自律神経! 
普段は何でもないのに、人と会話することで口が渇く理由は、自律神経の影響が強いと言えます。

 

軽い緊張状態になっていると言うと、分かりやすいかもしれません。

 

接客業など、人と接することがある職種に多いと思いますが、唾液の分泌は自分の意思でコントロールすることができません。

 

そのコントロールをしているのが自律神経になりますが、ここに何らかの働きがあることで唾液の量が減ってきます。

 

普段は唾液が普通に出ているのであれば、自律神経の働きが正常になっている証拠です。

 

ですが、接客業をしている人は、反射的に相手に気遣いをしようとするので、自分の意思とは関係なく緊張をしてしまうものです。

 

緊張はストレスになりますので、そのストレスが自律神経に働いて、唾液の分泌量を弱くします。

 

そのように唾液の分泌に影響がある人もいますが、胃に影響を受ける人もいます。

 

自律神経は色々なところに繋がっているので、どこにどのような強い影響がでるのかは分かりません。

 

会話をしている時に、自然に気遣いというストレスから自律神経が影響されて唾液の分泌が弱くなっているということになります。

 

昔からそのような状態ではなかったはずです。

 

知らないうちに徐々に全体の唾液の分泌量が減っているのも原因です。

 

会話をしている時に、自然に気遣いというストレスから自律神経が影響されて唾液の分泌が弱くなっているということになります。 
100%の分泌量であれば、少しぐらいの緊張でも唾液は減りますが、それでも口の中を潤すことが可能です。

 

ですが、60%ぐらいの分泌量であれば、ちょっとした緊張で、口の中を十分に潤すことができなくなってきます。

 

どちらにしても20歳を境に人は老化していきますので、体液自体も少なくなり唾液の量も減ってきます。

 

どこが早くに老化するかは人によって違いますが、唾液の分泌が弱くなる人もいるということです。

 

視力の人もいるし、体力が先になくなる人もいます。

 

そして女性の場合は、男性から比べると唾液の分泌量が、年齢で比べても全体的に少ないことが分かっています。

 

あくまでも数字上のことなので、全員には当てはまりませんが、ドライマウスは年々、低年齢化していることは間違いありません。

 

高校生ぐらいの人もいれば、20代ぐらいの人もいます。

 

まとめると唾液は自律神経でコントロールしていて、その自律神経に緊張やストレスなどの何かの働きがあることで唾液の量が減ることになります。

 

そこに口臭が伴うので、さらに緊張を大きくさせ、口が渇きやすなります。

 

原因は様々なことが考えられますが、詳しいこと下記を参考にして下さい。

 

 

ドライマウスと口臭の対策!口の臭いを対策するには?

ドライマウスと口臭の対策!口の臭いを対策するには? 
口の乾燥から口臭を抑えるのには、細菌数を減らすことで解決させることができます。

 

舌ブラシや歯磨きをしていても、口が乾燥すると臭いが発生するのは、細菌が増えやすい環境と細菌バランスが影響していると考えられます。

 

唾液には細菌を減らすことができるものが含まれているので、唾液が減ることで細菌が増えやすくなりますが、それと同時に臭い菌が優勢になりやすくなります。

 

口腔内は悪玉菌、日和見菌、善玉菌の3種類に分かれていて、このバランスが良い状態であれば、口臭はほとんど発生しません。

 

ただ、唾液の分泌が弱くなることで、この細菌バランスがくずれやすくなってきます。

 

結果からいうと、唾液の分泌が弱くなることで、口臭の原因になる悪玉菌や日和見菌が優勢になりやすい状態になります。

 

その細菌が口腔内全体に広がることで強い口臭になります。

 

細菌は舌や歯だけではなく、口の粘膜などにもたくさん存在していて、確かに舌には多くいますが、舌ブラシなどでは表面上の細菌しか除去させることができなく、全部を除去させることができないので、すぐに細菌を増やしてしまう環境になります。

 

歯磨きをしても舌ブラシをしても口臭が発生するのは、臭いを発生させる細菌が優勢になっている、またその細菌が多い、このような理由から口の臭い原因になります。

 

細菌バランスを整えるのには、唾液の分泌量を増やすこともそうですが、専用のタブレットを使用することで、すぐに解決させることができます。

 

下記のものがおすすめなので参考にして下さい。

 

口臭についてはすぐに解決させることができます。

 

 

タブレット

 

 

ドライマウスと口臭対策

ドライマウスによる舌苔の対策方法


ドライマウスによる歯周病対策

ドライマウスの対策方法


スポンサードリンク


トップへ戻る