ドライマウスの口臭にお茶が逆効果の対策になる理由は?

ドライマウスの口臭にお茶が逆効果の対策になる理由は? 
口が乾燥するドライマウスから口臭が強くなりますが、その口の臭いにお茶は効果があるの?

 

ということで、口臭とお茶の関係についてです。

 

結論からいうと、ドライマウスによる口臭には逆効果になりやすいと言えます。

 

実はお茶には、臭いを消すことができるカテキンというポリフェノールが含まれていて、多くの臭い系のサプリや消臭剤、それに関係する商品に利用されています。

 

特に緑茶の成分が使用されることが多く、消臭することに長けているものになります。

 

そう聞くと「お茶には効果がない」というのは、矛盾してしまいそうですが、矛盾はしていなく、口の乾燥からくる口の臭いの対策には難しいことになります。

 

これは言葉で説明するより、コンビニなどで緑茶などを実際に購入して、試した方が分かりやすいと思います。

 

どのような理由で逆効果になりやすいのかお伝えします。

 

 

ドライマウスの口臭にお茶で対策できない理由は?

ドライマウスの口臭にお茶で対策できない理由は? 
お茶には消臭効果がありますが、ドライマウスによる口臭に逆効果になりやすいのは、口の乾燥を悪化させやすいためです。

 

口が乾燥するとうことは、唾液の分泌量が少ないことになりますが、唾液が減ることで口腔内に細菌が増えて口の臭いが強くなってきます。

 

その口の乾燥からくる口臭もあれば、もう1つ体内で作られた臭い原因もあるとうことです。

 

その体内で発生した臭い原因には、お茶類は消臭効果を発揮します。

 

臭いのある食べ物、アルコール臭、胃腸内で発生した悪臭、肝機能や腎臓などの衰え、そのようことでも口の臭い原因になります。

 

例えばアルコールをたくさん飲むと、アルコール臭くなりますが、口の中にアルコール成分が残っているのではなくて、飲んで吸収され、血液内に多く残っていることになります。

 

血液と唯一、外とつながっているところは肺になります。

 

血液内にある必要のなくなった二酸化炭素と酸素の入れ替えをするために肺はその役割をしています。

 

血液内に含まれているアルコール成分が一緒に吐き出されることで、口の臭いが強くなります 
そのときに、血液内に含まれているアルコール成分が一緒に吐き出されることで、口の臭いが強くなります。

 

これが血液内にニンニクの成分が多ければ、ニンニクの臭いが強くなり、胃腸などで発生したアンモニア臭であれば、アンモニア臭い口臭になります。

 

口腔内に臭いの成分が残っているのではなくて、体内に臭いの成分が残っていることでの口臭原因です。

 

このような口の臭いには、お茶に含まれるポリフェノールで消臭することができ、またその効果を発揮します。

 

お茶の成分は、口臭サプリメントなどに配合されていることでが多いですが、ほとんどは飲んで使用するようになっています。

 

飲んで体内で発生した悪臭を抑えるとうことです。

 

ドライマウスによる口臭の場合は、口腔内から臭いが発生しているために、全くとはいいませんが、ほとんど恩恵を受けることができません。

 

口の乾燥の口臭に、お茶類が逆効果になりやすい理由は、お茶に含まれるカフェインが口の乾燥を強くさせるためです。

 

ただしお茶自体は体の健康に良いもなので、口の乾燥がひどくなければ健康の方でプラスに働くことが多いと言えます。

 

お茶は虫歯なども予防をすることが分かっています。

 

 

ドライマウスによる口臭とカフェインの関係について!

ドライマウスによる口臭とカフェインの関係について! 
ドライマウスによる口臭にお茶類が逆効果になりやすいのは、お茶に含まれるカフェインの影響です。

 

カフェインというのは、唾液の分泌をコントロールしている自律神経という自分ではコントロールできない神経に働きかけをするために口の乾燥を悪化させやすくなります。

 

要するにカフェインの働きで唾液の分泌がストップしやすいことになります。

 

カフェインは、頭痛、喉の痛み、筋肉の痛みなどを抑える薬などにも使用されている通り、神経に作用する働きがあるので、唾液の分泌量を弱めることになります。

 

唾液の量が減って、口臭の原因になっている場合は、カフェインはそれに拍車をかけるようになるので、逆効果になりやすいとうことです。

 

カフェインが多く含まれているものは、コーヒー、紅茶、緑茶、ウーロン茶、ココア、コーラ、栄養ドリンク、チョコレートなどです。

 

ドライマウス気味の人は、これらのものは避けた方が良いと言えます。

 

糖尿病の人が甘いものを抑えた方がいいように、肥満の人はコレステロールを抑えた方がいいように、普通の人にとっては何でもなくても、ある人にとっては影響を受けるものがあることになります。

 

カフェイン自体は体にマイナスになるものでもなく、通常は健康にも良い影響を与えることが分かっています 
ただし、カフェイン自体は体にマイナスになるものでもなく、通常は健康にも良い影響を与えることが分かっています。

 

脂肪の分解を促進や心臓に適度な刺激、筋肉疲労にも良いと言われています。

 

通常であれば、プラスになることも多いですが、ドライマウスの人は避けた方が良いということになります。

 

まとめると緑茶は、体内で発生した口臭には効果がありますが、口腔内で発生した口の臭いには、あまり期待ができないということです。

 

口の乾燥からくる臭いには、増えた細菌を減少させることができないと臭いを消すことができません。

 

今はその細菌を減少させることができる便利なタブレットがありますので、そちらを使用することで口臭はすぐに解決させることができます。

 

ドライマウスと口臭対策

ドライマウスによる舌苔の対策方法

ドライマウスによる歯周病対策

ドライマウスの対策方法

スポンサードリンク


トップへ戻る