なぜ緊張で口臭がする!ドライマスとの関係と解消の方法

なぜ緊張で口臭がする!ドライマスとの関係と解消の方法 
緊張と口臭の関係についてです。

 

緊張というと誰にもあることで、人間の生理現象のように思いますけど、その張り詰めた状況で、口の臭いが強くなることがあります。

 

これは経験したこととがある人が多いかもしれませんが、実はそうでもない人も中にはいます。

 

必ず張り詰めると口の臭いが強くなるわけではなく、そうでもない人もいるとうことです。

 

張り詰めた状況化というと、ほとんどのケースは人とのコミュニケーションの中で起こると思います。

 

会議、何かの発表会、告白、大事な商談、面接など色々な状況が考えられますが、その人とのコミュニケーションで緊張してしまい口臭が発生したとなると、とてもやりきれない気持ちになると思います。

 

そのようにならないためにも、なぜ緊張すると口臭が発生するのかその理由とドライマスの関係、そして対策の方法とアイテムなどにについてもお伝えします。

 

 

なぜ緊張で口臭がする!理由は口が乾燥してドライマスになるから

なぜ緊張で口臭がする!理由は口が乾燥してドライマスになるから 
なぜ緊張で口臭が発生するのかは、その理由は口の中が乾燥してしまうためです。

 

緊張をするとその間は、口の中が乾燥しやすいドライマスの状態になってしまうために口の臭いが強くなってしまいます。

 

正確には細菌の影響ということになります。

 

口の中には常に多くの細菌がいますが、その人によって細菌数は違います。

 

口のケアが行き届いている人でも約2000億ぐらいの細菌数がいると考えられています。

 

少なくても2000億なので、あまり口のケアをしていない人は、これよりもう少し細菌数が増えることになります。

 

通常の平均でいうと約5000億ぐらいで、全く口のケアをしなければ1兆個以上の細菌数と予測することができます。

 

この細菌数も変動していきます。

 

寝ている間、起きているとき、食後などで細菌数が変動することになります。

 

その細菌が口の中に多いことで、緊張すると口臭が発生しやすくなります。

 

細菌は、普段は唾液でオブラートに包まれているために臭いはあまり発生しませんが、緊張すると唾液の分泌をコントロールしている自律神経に影響して、唾液の分泌が弱くなります。

 

唾液が少なくなるということは、細菌が発生させる悪臭を包み込むものがなくなります。

 

そのため臭いがストレートに空気に分散するために、自分や相手にその臭いを感じさせてしまいます。

 

唾液には細菌を減少させることが物質が含まれている!

唾液には細菌を減少させることが物質が含まれている! 
そしてもう一つの理由が殺菌と抗菌成分が失われるためです。

 

唾液は細菌を減少させることができる殺菌と抗菌成分が含まれていますので、この消毒薬のような働きをしている唾液の働きが減ることで細菌が増加して口の臭いが強くなるということです。

 

緊張して唾液が減ることで、悪臭を包み込むものがなくなる、そして細菌が増加する、この2つのことが理由で口臭が発生します。

 

ただ、唾液が減っても口の臭いが強くならない人もいます。

 

その違いは口の中にいる細菌数ということになります。

 

口の中に細菌数が普段から少なければ、唾液が減ったとしてもあまり悪臭を感じませんが、細菌数が普段から多いことで口の臭いが強くなります。

 

口の中の細菌数を増やす原因は色々と考えられる

口の中の細菌数を増やす原因は色々と考えられる 
そのような細菌を増やしてしまう環境があることが原因になりますが、その原因も色々考えられます。

 

ストレスを溜めやすい、どこかで口呼吸になっている、加齢の影響、口のケア不足など、色々なことが原因として考えられますが、細菌数が多いことには間違いありません。

 

唾液の分泌は緊張に関係なく20才を境に加齢で減っていきますので、どちらにしても口のしっかりとしたケアが必要になってきます。

 

それをそのままにしてしまうことで、今度は口の中の細菌バランスが乱れてきます。

 

口の中には善玉菌、悪玉菌、日和見菌といますが、悪玉菌や日和見菌が優位になってしまうと、緊張以外でも常に口臭が発生するようになります。

 

そうなってしまうことで、歯磨きだけでは臭いを防げなくなってきて、それと同時に長い期間、口の臭いに悩まされ人が多くなります。

 

そのような経緯から口の臭いに悩まされる人が後で多くなりますので、虫歯を対策するように普段からの予防とケアが重要になります。

 

これは口の臭いだけではなくて、病気の予防と同じく、何かの病気になってから対策をするのではなくて、そうなる前にいかに予防対策をしておくかがポイントです。

 

口のトラブルについてもすべて同じことです。

 

 

緊張で口臭が発生しないようにさせる口のケア方法は?

緊張で口臭が発生しないようにさせる口のケア方法は? 
緊張で口臭が発生しないようにする口のケア方法は、普段からの歯磨きが基本になってきます。

 

歯磨きを朝と晩をしっかりとするだけでも違います。

 

今までよりも少しだけ丁寧にする意識を持つだけでも、丁寧さは変わってくるはずです。

 

さらに時間がある人は、絹糸のデンタルフロスで歯と歯の隙間を掃除することでも細菌数を減らすことができます。

 

これで、歯と歯の隙間と歯茎にいる細菌を減らすことができます。

 

虫歯菌と歯周病菌の数を減らすことができるのでその病気の予防にもなります。

 

口臭の原因になる細菌は、歯やハグキよりも、それ以外の舌や口の粘膜などに多くいますので、舌のケアも必要になってきます。

 

舌のケアをするときは粘膜に傷がつかなように注意する!

舌のケアをするときは粘膜に傷がつかなように注意する! 
舌のケアについては舌ブラシという方法がありまますが、毎日の使用には注意が必要です。

 

舌は粘膜というものでおおわれていて、とてももろいために、ブラシを使用しすぎると粘膜を痛めてしまうことになります。

 

粘膜は外部からの細菌などを寄せつけないためのバリアになるので、ここに影響を与えてしまうことで舌を痛めてしまうことになります。

 

舌ブラシを使用する場合は、月に多くても2回ぐらいの使用が好ましくなります。

 

舌を痛めないように、優しくブラッシングするようにします。

 

どちらにしても舌ブラシだけでは、舌の表面上にいる細菌しか排除することができませんので、力を入れてブラッシングをしてもあまり意味がありません。

 

優しくしても力を入れてブラッシングをしても変わりがないとうことです。

 

そしてうがいも今までより10回以上増やすようにして下さい。

 

朝と晩の歯磨き、デンタルフロス、月に2回くらいの舌へのブラッシング、うがいを増やす、このようにすることで細菌数を今までより減らすことができます。

 

緊張による口臭を完璧に改善するアイテムがある!?

緊張による口臭を完璧に改善するアイテムがある!? 
今までの話した内容で改善されるの?と問われれば正直、半分半分の改善率です。

 

これで緊張による口臭が改善される人もいれば改善されない人もいます。

 

プラスになっていることには変わりまりませんが、そこでその改善率を一気に上げるのが他のアイテムになります。

 

多分ではなくて、ほぼ完ぺきな状態で口の臭いを抑えることができるタブレットがあります。

 

下記にどのようなものまとめていますので参考にして下さい。

 

使用したその日に緊張による口臭を改善することができます!

 

 

タブレット

 

 

ドライマウスと口臭対策

ドライマウスによる舌苔の対策方法

ドライマウスによる歯周病対策

ドライマウスの対策方法

スポンサードリンク


トップへ戻る