ドライマウスによる舌苔に舌ブラシがあまり効果がない理由

ドライマウスによる舌苔に舌ブラシがあまり効果がない理由 
ドライマウスによる舌苔の対策と舌ブラシについてです。

 

口が乾燥しやすくなることで、舌苔という舌が白くなることがありますが、その対策に舌ブラシは効果があるの?

 

ということで、ブラシの効果についてです。

 

実は口が乾燥しやすいドライマウスの人は、この内容に関係することが多く、舌のケアとしてブラシを使用しているけど、変わらない、またはひどくなった、そのようなことからこのような疑問が多くなると思います。

 

何でもなければそれで解決ということになりますが、そうならないために疑問や悩みとして多くの声がでます。

 

なぜこのような声が多くなるかというと、それで解決できていない人が多いため、ということになりますが、ブラシが悪いわけでもありません。

 

どのようなことで、舌ブラシがドライマウスによる舌苔にあまり実感できないのかお伝えします。

 

 

ドライマウスによる舌苔に舌ブラシであまり実感できない理由

ドライマウスによる舌苔に舌ブラシであまり実感できない理由 
舌ブラシについては結論をいうと、応急処置的な位置にあると思います。

 

ドライマウスによる舌苔に、舌ブラシはあまり実感できない理由は、表面上の舌苔しか取れていないためです。

 

舌の汚れがひどい人ほど、あまり実感できない人が多く「なぜだろう」という疑問が多く上がってきます。

 

表面上のものしか取れないのは、単純にブラシ自体が舌苔をすべて取り除けないためです。

 

舌は平行のように真っ平らな状態になっていなく、デコボコのような状態になっています。

 

そのデコボコの隙間に細菌などが多くなることで舌苔が多くなってきます。

 

すの隙間に単純にブラシでは毛先が届きません。

 

そのため人間の目で確認できる範囲では取り除けていますが、それ以外の細かな細菌が除去できてないことになります。

 

除去できていないということは、すぐに細菌が増殖して、再び舌苔が多くなります。

 

その繰り返しになるので、ブラシで一生懸命、舌をケアをしても「なぜすぐに元にもどるのだろう」というハテナマークがつきまといます。

 

歯周病菌や虫歯菌などについても、人の口腔内にほとんどの人は住み着いていますが、それを人間の目で確認することができません。

 

歯の痛みや出血することで、それらの菌が口に多いことが初めて分かります。
そこで歯科で歯についた細菌を削ったりすることで様子をみますが、最終的に症状がでていないかの確認になります。

 

細菌がすべて取り除けたどうかは、症状でしか確認することができません。

 

人間の目で確認できないような大きさの生物が、除去できたかどうかは、人間の目で確認できないことになります。

 

それだけ細菌は小さなもので、1ミリの1000分の1のナノメートルで表現されるように、とても小さな生き物になります。

 

その小さな生き物を、ブラシではすべて除去できないために、すぐに舌苔が付着してしまいます。

 

歯ブラシだけでは、すべての虫歯菌や歯周病菌を除去できていないことと同じことになります。

 

そのため人間の目で確認できる範囲では舌苔は取れていますが、細菌の大きさでみると取れていないことになります。

 

あまり取れていないのので、再び細菌が増殖して、舌の汚れをひどいものにさせていきます。

 

 

ドライマウスによる舌苔に舌ブラシを使用する注意点!

ドライマウスによる舌苔に舌ブラシを使用する注意点! 
舌ブラシについては、ブラシで舌苔が全部取れる、このような思いから取れない、またはすぐに戻ってしまう、このようになってしまいます。

 

あくまでも応急処置的なケアと思うことで、取れない、またはすぐに戻ってしまう、このような思いにならないはずです。

 

全部取れないのは先ほど話した通りで、毛先が届かないために取れているようで表面上のものしか除去できていません。

 

そこで取れない、またはすぐに戻ってしまうという理由で毎日のように使用する人も中にいます。

 

舌については本来は磨くところではありませんので、毎日の使用は注意が必要です。

 

舌には粘膜という、外部からの細菌やウイルスなどから守るための膜で覆われていて、その膜をブラシで剥がれやすくさせてしまいます。

 

粘膜は貧弱にできていますので、それをブラシで剥がしてしまうことで舌を痛めつてしまうということです。

 

また余計に細菌などが付着しやすくなります。

 

毎日使用している場合は、毎日の使用はやめて、せいぜい月に4回くらいの回数にした方が無難と言えます。

 

舌を痛めずにキレイに舌苔を取るのであれば、タブレットで取ることができます。

 

舐めて使用するだけなので、舌を痛めずに汚れを取ることができるので、毎日使用しても問題がありません。

 

舌苔が多い人は、むしろ毎日使用した方がいいです。

 

舌のコケを取るタブレットについては、あまり商品数はありませんが、下記の内容のものが優秀です。

 

舌苔だけではなくて、口腔内全体のケアができますので、ドライマウスによる口のトラブル対策になります。

 

 

タブレット

 

 

ドライマウスと口臭対策

ドライマウスによる舌苔の対策方法

ドライマウスによる歯周病対策

ドライマウスの対策方法

スポンサードリンク


トップへ戻る