ドライマウスと舌苔の原因になるストレスと解決の方法

ドライマウスと舌苔の原因になるストレスと解決の方法 
口が乾燥しやすいドライマウスになることで舌苔が多くつく人がいますが、その原因の一つにストレスが関係してくることがあります。

 

ストレスというのは目で見えないものですが、感じることができるもので、多くはイヤな思いなどをしたときに、感じることができる現象のことです。

 

分かりやすくするとボールがへこんだ状態のこことで、それがそのままだと体に悪影響を与えるストレスを溜めた状態になります。

 

ボールの形が戻ることで解消されたことになります。

 

ストレスが全くない人はいないと思いますが、毎日のように強く感じてしまうことで、イライラ感などが溜まっていきます。

 

溜まってもすぐに、外に出すことができれば良いのですが、中々そうはいかない存在でもあります。

 

その影響から口が乾燥しやすくなり、舌苔が多くつく原因にもなってきます。

 

今回は、なぜストレスがドライマウスや舌苔に影響するの?ということと、おすすめの対策についてもお伝えします。

 

 

ドライマウスと舌苔の原因になるストレスの影響とは?

ドライマウスと舌苔の原因になるストレスの影響とは? 
ストレスがドライマウスと舌苔の原因になるのは、自律神経の働きによる影響です。

 

自律神経というのは、自分の意思ではコントロールできない神経のことで、例えば汗をかくというのも自律神経の働きになります。

 

暑いと汗がでてきますが、体内温度を36℃ぐらいに調整させるために汗を出します。

 

逆に寒いと体を震わせて体内温度を上げようとします。

 

このコントロールは自分の意思でコントロールすることができないために、この神経が支障をきたすことで、体に様々な不調を与えるようになります。

 

自律神経は体のあらゆるところに関係していて呼吸、発汗、血圧、胃腸などの内蔵、生殖器、代謝、そして唾液の分泌も自律神経が働いています。

 

良くストレスを強く感じると胃が悪くなる、食欲がなくなる、またはその経験をしたことがる人はいると思います。

 

自律神経のバランスに強い影響を与えることで、自分の意思とは関係なく体にマイナスを与えていることになります。

 

唾液についても同じで、強い緊張というストレスなどを感じることで、唾液の量が減っていきます。

 

自律神経が唾液の分泌量を、自分の意思とは関係なく抑えていることになります。

 

そのことから口が乾燥しやすくなります。

 

、毎日のように強い刺激を自律神経に与えることで、元にもどりづらくなるときがあります 
それが一時的なものであれば、すぐに戻りやすいですが、毎日のように強い刺激を自律神経に与えることで、元にもどりづらくなるときがあります

 

正常な働きをしなくなることで、唾液の分泌量が減っていきますので、そこから舌苔が多くなります。

 

唾液が減ると舌苔がつきやすくなるのは、唾液には口腔内の細菌を減らすことができる成分が含まれているためです。

 

舌苔は細菌の集まりでもあり、その細菌が増えてしまうことで、舌を白くみせ、また細菌がだす分泌物によって口臭の原因になります。

 

細菌がだす分泌物というのは細菌の便や尿のことで、その他にネバネバしたものも発生させます。

 

唾液が減るということは、細菌が増えやすい環境になるので、舌苔が多くつき口臭の原因にもなるということです。

 

1日や2日ぐらのことではなくて、長い期間をかけて悪玉菌や日和見菌が口の中で優勢になり、舌に多くのコケと臭いを発生させます。

 

ストレスの影響から自律神経がバランスを崩す、唾液の量が減る、細菌が増える、舌が汚れるようになり口の臭いも強くなるということです。

 

根本的なドライマウスの対策は下記を参考にして下さい。

 

 

ドライマウスの対策方法

 

 

ストレスの影響からドライマウスになり舌苔を対策するには?

ストレスの影響からドライマウスになり舌苔を対策するには? 
ストレスの影響からドライマウスになり、舌苔を対策するには、増えた細菌を減らすということが対策の方法になります。

 

その前に普段の生活では、なるべく心にゆとりが持てるような環境作りを意識したいところです。

 

すぐにでも心身を落ち着かせることができる方法としては、腹式呼吸です。

 

息を吸うときに、お腹にたくさん空気をいれるような感じで吸い込んで、空気をお腹からだすようにして吐き出します。

 

これをゆっくりと20回ぐらいすることで、かなり心身を落ち着かせることができます。

 

論より証拠でまずは実勢してみましょう。

 

 

 

それ以外では40℃ぐらいの温度のお風呂で長めに浸かるのもおすすめです。

 

ストレスがあるときは交感神経という、車でいうアクセルを生み続けていいるような状態なので、そのアクセルにブレーキをかけるのに、お風呂も効果的です。

 

乱れた自律神経を元に戻すような働きが入浴にはあります。

 

舌苔については、口の中で優勢になっている、悪玉菌や日和見菌を減らすことが解決方法になります

 

口の中には善玉菌という、口腔内の健康を維持させる細菌もいるので、その善玉菌は減らすことがなく、悪玉菌や日和見菌のみ減らすことができればベストということになります。

 

そのようなことができるタブレットがあるので下記を参考にして下さい。

 

舌苔と口臭については1日で解消します。

 

 

舌ケアタブレット

 

 

ドライマウスと口臭対策

ドライマウスによる舌苔の対策方法

ドライマウスによる歯周病対策

ドライマウスの対策方法

スポンサードリンク


トップへ戻る